2021年・32期生 保護者体験記
「SAPIXとの出逢いに感謝を込めて……」匿名希望さん(中央大学高校 進学)保護者様より

SAPIXに入室したのは、中3直前の3月でした。それまで、毎日部活動を一生懸命頑張っていましたが、家で勉強をしている姿はほとんど見たことはなく「部活も大事だけど勉強も大切よ」とたびたび子どもに伝えておりました。ある日、お友達のお母さまから「SAPIXの入室テストを受けてみない?」とお誘いをいただいたことがきっかけでSAPIXに入室することになりました。

入室の際、室長の先生から「すでに授業では中3のカリキュラムは終了しています。真剣に頑張ってついてきてください」「他の個別指導塾へ行ったり、問題集を新たに購入してやる必要も一切ありません。その代わりSAPIXのテキストだけを一生懸命やってください」とお話をいただきました。そして遅れているところは、家庭での勉強法を丁寧に教えてくださり、とてもありがたく感じました。入室してすぐに緊急事態宣言により双方向オンライン授業が始まりました。その間も各科目の先生からたびたびお電話をいただきご指導くださいました。子どももSAPIXの課題を集中して頑張るようになり、入室して2カ月が過ぎたころには、本当に力が付いてきたな、と感じられるようになってきました。

夏休みに入り、部活の引退試合が例年より2カ月遅れで8月となりました。その日程がSAPIXのクラス分けテストと重なってしまい、テストを受けないとクラスが下がってしまうということでしたので、どうすれば良いか、室長先生に相談をしてみました。先生からは「これは親が決めることでも、塾が決めることでもありません。本人が考え、悔いのないようにやっていくことが一番大事だと思います」とアドバイスくださいました。結局、本人は引退試合に行くことを決め、いったんはクラスが下がったものの、その後はさらにクラスを上げることができました。授業も分かりやすく楽しかったそうで、成績も最後まで右肩上がりに伸ばすことができました。

私が母としてできることは健康管理、リラックスできるような雰囲気作りぐらいしかありません。先生方は子どもの頑張っているところを褒めて、励ましながら導いてくださり、子どものやる気を引き出してくださいました。子どもも先生方のご指導に素直に取り組み、精神面でも成長したように思います。成績を伸ばしていただき、第一希望の高校の合格をいただけましたことは、SAPIXの先生方のおかげです。お世話になり本当にありがとうございました。

ページトップへ