2021年・32期生 保護者体験記
「挑戦することの面白さを教えてくれたSAPIX」S.Nさん(都立西高校 進学)保護者様より

2年間、SAPIXの先生方には大変お世話になりました。中3になって新型コロナによる学校休校という異例の事態から始まり、社会的にも大きな不安に囲まれての受験生生活のスタートでしたが、学びを止めることなく、生徒を叱咤激励してくださった先生方には心から感謝しております。娘がSAPIXに入室したのは中2からでした。中1の時の個別指導塾で勉強に身が入らない娘を見て、集団塾にするよう言ったところ、娘が選んだのがSAPIXでした。結果的には集団塾での切磋琢磨が娘の力を伸ばしてくれたと思います。

SAPIXの素晴らしさは、ハイレベルな教材と指導、頻繁に行われるテスト、そして先生方の情報量の多さにあると思います。SAPIXのテキストは難度も高く、入室当初は課題を終えるのも大変なようでした。娘の部屋に散らばるパケットを見て、大丈夫かしら、と思うこともあり、室長の先生に伺うと、やはり課題をため込んでいると分かりました。ただ、中3になるにつれ、本人の真剣味も増し、また、頻繁に行われる模試やマンスリーテストで常に自分の実力を測られる環境に身を置いたことで、相当に勉強する習慣が身に付いたと思います。

志望校については、中2の時から少しずつ学校説明会や見学に行きました。これもSAPIXの先生方の勧めがあったこと、情報をいただけたからでしょう。中3になり、コロナ禍で学校見学に行けない状態となったことを考えると、早めに志望校候補の情報を得ていたことは幸運でした。

受験が近づくにつれ、娘は「SAPIXに行って本当に良かった」と、頻繁に口にするようになりました。それは本人が自分の実力の伸びを感じ、また、難しい問題に挑戦していくことの面白さを感じたからだと思います。娘は、もともと郊外の、緑の多い学校を志望しており、結果的に全ての志望校に合格することができました。

勉強量は相当に多かったと思います。娘は部屋で髪を乾かす時、SAPIX前の軽食をとる時も、単語を覚えていました。一つのことを頑張り、学習のサイクルを作り、自分で立てた目標を達成することができたのが何より得がたい経験でした。これもSAPIXの先生方の厳しくも温かいご指導のおかげです。

娘は受験を通じて、貴重な人生経験をさせていただきました。本当にありがとうございました。

ページトップへ