2021年・32期生 保護者体験記
「親は見守るだけでした」M.Nさん(県立柏陽高校 進学)保護者様より

娘がSAPIXに通い始めたのは中3の春期講習、コロナ禍で学校が休校の時期でした。日頃から真面目に学習する習慣はありましたが、特に熱望する志望校もなかった娘。受験生として過ごす1年間、志を持った意識の高い仲間と共に質の高い授業を受けられる環境を求め選んだのがSAPIXでした。途中入室でしたのでついていけるのか不安もありましたが、個別にフォローをしてくださり、娘の長所短所を把握した上で的確にご指導いただけているのが伝わってきて、すぐに心配はなくなりました。

「みんなよくできるんだよ」。実力のあるクラスメートを目の当たりにして刺激を受けながら、焦らず自分のできることを増やしていく日々でした。コロナ禍で双方向オンライン授業が続く時期もありました。通塾に戻ってからは夜遅い帰宅、少なくなる睡眠時間に体力は持つのだろうかと心配したこともありました。しかし、意外なほど疲れた様子はなく、逆にはつらつとして見えたのは、学ぶ楽しみ、達成感を感じていたからなのかもしれません。

11月には英検®2級に合格し、希望通りの私立併願校に出願が叶いました。幼稚園から小2まで3年間、海外でインターナショナルスクールに通っていたので、小学生の時に英検®準2級までは苦労なく合格していたのですが、2級にはなかなか手が届かず壁を感じていました。SAPIXで語彙や文法、長文読解の力が鍛えられての合格だったと確信しています。数学では難しい問題に挑戦し、面白さに目覚め一番の得意科目に。国語では記述力が伸びました。3科目の力が安定したことが、受験本番でアドバンテージになりました。第一志望の県立高校での5科目の学力検査、模試で一度も達したことがなかった高得点を取れたのも3科目が全て9割以上だったおかげですし、私立併願校の試験でも目標としていた特待生基準である8割以上を得点することができました。

この1年間、私は見守るだけで、受験期と思えないほど穏やかに順調に過ぎていきました。本人は苦労したこともあったと思いますが、家でそれを見せることがなかったということは、全てを教室内で先生方に受け止めてもらい、解決できていたことの証しだと思っています。これほど信頼して任せられる場所に巡り合えたことに感謝しかありません。合格後もこれからの過ごし方のアドバイスをいただいて、早速本屋で参考書を購入、身に付いた学習習慣は崩れていません。本当にありがとうございました。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

ページトップへ