2021年・32期生 高校受験 合格体験記
「塾、学びの見方」Y.Hさん(筑波大学附属高校 進学)

Y.Hさん 筑波大学附属高校 進学
併願合格校:市川高校、開成高校、渋谷教育学園幕張高校

私がSAPIXに入室したのは中学1年の冬です。中学受験をして私立の男子校に通いましたが、私の性格と合わず、附属校だったものの早々に高校受験を決めました。学校見学等で雰囲気を気に入ったため、2年の中期辺りから第一志望の筑附は変えていなかったと思います。

勉強、成績についてです。勉強方法において、私はルーティーンを持ち合わせていませんでした。勉強時間も特に決めていませんでした。かなり自由にやっていたと思います。というのも中学受験では全てこなそうと頑張っていて、確かにそのおかげで相当な知識、能力は身に付いたと感じています。しかし、高校受験で全てのことを得手不得手関係なく最初から網羅しようとすると定着が悪いことに気付き、楽しむことを重視しました。数学と国語の小説、理科の物理は元から好きでした。他は、例えば国語の論説は先生の解き方を真似して、主義、思想に興味を持ちました。英語は先生を通じて語源を学んだり、長文を楽しんで読むようにしたりしました。理科、社会は個人的に興味のあることを調べたり先生に質問したりして、数学は自分の発見を先生に聞いてもらい、助言を受けるなどして楽しみました。授業も飽きることなく受けられて定着も早く、大きく成績が下がることはありませんでした。ただ、社会の地理など、どうしても身に付きづらかったところは、穴を埋めるようにして後から頑張って覚えました。

そもそも勉強方法に関しては、人それぞれ合うもの、合わないものがあります。SAPIXの先生は勉強を教えるだけでなく、勉強方法を導く役割も担っていると思うので、多方面で活用すると良いと思います。皆さま、SAPIXを存分に生かして各々頑張ってください。

ページトップへ