2021年・32期生 高校受験 合格体験記
「妥協したらダメ!!」T.Nさん(慶應義塾志木高校 進学)

T.Nさん 慶應義塾志木高校 進学
併願合格校:明治大学付属中野高校

私は中1のころにSAPIXに入室しました。中学受験で失敗し、高校受験でリベンジしたいという強い気持ちがありました。SAPIXの授業は分かりやすく、また面白いため、毎回SAPIXへと通うことがとても楽しみでした。中1のころは課題をしっかりやり、模試でも良い成績を取れていました。しかし、中2のころに少し勉強を怠ってしまい、成績も徐々に下がっていっていました。そして、特に意識が変わらずそのまま中3になってしまいました。

私はついに危機感を感じ始めました。中3の前期の授業はほとんどがオンラインであり、私はそこでみんなと差をつけようと苦手意識があった英語をとても勉強しました。もちろん他の科目も力を入れ、私は頭が良くなったと思っていました。しかし、第1回サピックスオープンでは偏差値50付近を取ってしまい、基礎クラスになってしまいそうでした。それでも私は勉強を続け、第2回サピックスオープンでは英語の偏差値が60を超えました。その後も順調に成績が伸びていきましたが、夏が終わるころに成績がまた下がってしまいました。私は志望校を諦めようと何度も考えましたが、先生が「受かるよ!」と言ってくれたおかげで諦めず最後まで志望校を下げずに勉強することができました。

そして迎えた本番、私はなんと名前を解答用紙に書くことを忘れてしまいました。悔しい気持ちでいっぱいになり、自分をずっと責めていました。そのため一次に合格した時はうれしいより信じられない気持ちの方が強かったです。私は二次の対策を何もしていませんでしたが、先生が面接練習を丁寧にしてくれて、学校の特色なども教えてくれていたので、本番もリラックスしてできました。

今思うとSAPIXの先生方がいなれば志望校を諦めてしまっていたと思うし、合格する力も身に付けることができなかったと思います。本当に先生方には感謝しています。あと、解答用紙に名前をちゃんと書いたかどうかは何度も確認してください!!

ページトップへ