2021年・32期生 高校受験 合格体験記
「逆境を乗り越えて」S.Gさん(都立日比谷高校 進学)

S.Gさん 都立日比谷高校 進学
併願合格校:慶應義塾女子高校、桐蔭学園高校、豊島岡女子学園高校、早稲田大学本庄高等学院

私がこれから受験を迎える皆さんに伝えたいことは、何があっても諦めてはいけないということです。

個人的な話なのですが、私は中3の夏に腰のヘルニアになりました。受験生がヘルニアになるのは珍しくないそうですが、私の場合、入院するべきだと言われるほど重症で、夏休みごろには立つことも難しく、机に向かって勉強することができない状況でした。入室してから中3になるまで安定した成績を取れていましたが、今まで共に勉強してきたサピの友達が一生懸命頑張っているなか、自分はずっと寝ることしかできないのでとても不安でした。さらに、私は理社を受講し始めたのがヘルニアと診断される直前だったので、理社に関してはかなり後れを取っている自覚がありました。

それでも私はどうしても日比谷高校にいきたかったので寝ながら勉強し始めました。仰向けの姿勢で勉強すると腕が疲れます。おかげで私は秋になっても腕が筋肉痛でした。机に向かって勉強できるのは素晴らしいことです。

秋からZoomで授業を受けられたこともあり、久しぶりのサピックスオープンもそれほど成績が落ちませんでした。日比谷高校に合格した時は飛び上がるほどうれしかったです。

『合格体験記』を書く他の方は勉強第一という考えの人が多いのではないかと思いますが、私は合格には健康が一番大切だと思います。自分の体調は自分で管理してください。また、もし私のように健康を損ねてしまっても絶対に諦めないでください。合格か否かは自分の努力次第です。受験には学力だけでなく精神力も必要です。芯が強い人であってください。

最後に、サピに通えない私を勉強面に限らず支えてくださった先生方や心配してくれた仲間に感謝を伝えたいです。サピには頼れる先生方と仲間がいます。諦めるのは無意味です。受験まで全力で頑張ってください!

ページトップへ