2021年・32期生 高校受験 合格体験記
「SAPIXでのリベンジ」T.Aさん(都立日比谷高校 進学)

T.Aさん 都立日比谷高校 進学
併願合格校:慶應義塾高校、慶應義塾志木高校、桐蔭学園高校、立教新座高校

SAPIXに入室しようと決めたのは、小学校を卒業したばかりのころでした。僕は中学受験をしましたが、結果は振るいませんでした。リベンジを果たすべく、早いうちから塾に通おうと意気込んで、多くの塾を見にいきましたが、唯一通いたいと思ったのがSAPIXでした。授業が分かりやすかったこと、クラスの雰囲気が自分に合っているように思えたこと、先生が面白く最後まで集中して続けられそうだと思ったことなどが選んだ理由でした。

いざ本科生として通塾してみると、内容は奥深く、根本的なところから丁寧に教えてくださり、また、先生と生徒のやりとりが多く、そこから学べることもたくさんあり、SAPIXならではの授業のすごさを日々実感していました。

3年生になり、コロナウイルスの感染が拡大したことで、オンライン授業が実施されるようになりました。2年生まで比較的好成績を保てていたのですが、それにより状況が変わっていきます。SAPIXが素早く対策を講じてくれたにもかかわらず、先生や仲間の目が届かないのをいいことに、僕は勉強を怠るようになってしまいました。その結果、常に80%をキープできていた志望校の合格可能性が、60%に下がるという事態を招いてしまいました。

このことに強く危機感を抱いた僕は、夏休み明けから1日10時間は勉強することを心掛け、先生に質問したり、苦手分野を徹底的に潰していくようにしました。「諦めずに最後まで頑張る」と自分に言い聞かせながら取り組んだのが良かったのか、入試直前のプレテストでは好成績を出すことができました。精神的に良い状態で迎えた入試は全勝という形で終えることができ、中学受験のリベンジも果たすことができました。

最高の結果を残せた今、SAPIXに通って良かったと心の底から思っています。3年間本当にありがとうございました。

ページトップへ