2021年・32期生 高校受験 合格体験記
「SAPIXで過ごした3年間」S.Aさん(早稲田大学本庄高等学院 進学)

S.Aさん 早稲田大学本庄高等学院 進学
併願合格校:栄東高校、桐朋高校、明治大学付属中野高校

僕は、中学1年生からSAPIXに入りました。SAPIXの授業は、内容が濃く先生の説明も分かりやすく、しっかりと聞いて理解するようにしていました。課題をこなすのが大変な時もありましたが、課題をやれば分かることがだんだんと増えていきました。数学の課題は時間をかけ、しっかり考えて解くように心掛けました。

中学3年生の夏期講習が終わったくらいから、どんな切り口で解いたら良いか解き方が分かるようになってきました。国語が苦手で最後まで分からなかったところもあったけれど、SAPIXで学んでいくうちに、選択問題や抜き出し問題が分かるようになってきて、早大本庄学院の過去問が解けるようになってきました。英語は『High Level 英単語』と『Basic Idioms』の小テストが毎授業あり、英単語・熟語を覚えることができました。また、先生のアドバイス通り、SAPIXでやった英文を1日2回音読することを実践したら速く読めるようになりました。

入試当日に備え、前日は早めに就寝し、当日の朝は、頭を起こすため、SAPIXの正月特訓やSS特訓の数学の問題を何問か解き、また英文も読んでから試験会場に行きました。

入試当日に初めて早稲田大学を見て、とてもかっこよく、この大学に行けたらいいなと思いました。試験会場に入ると、大学の中にエスカレーターもあってびっくりしました。あまり緊張せず入試に臨むことができたと思います。
数学は、過去問より難しかったですが、英語と国語はスムーズに解くことができました。合格した時はとてもうれしかったです。春から始まる高校生活、楽しみです。

合格に導いてくださったSAPIXの先生方、見守ってくれた家族にとても感謝しています。本当にありがとうございました。

ページトップへ