復習中心主義

授業・カリキュラム・家庭学習のすべてにおいて復習を重視。着実に、そして確実に理解を深める「復習中心主義」です。

授業でも

新たな単元を学習する「導入」と、学んだ内容を定着させる「演習」「復習」を繰り返します。授業内容の予習は必要ありません。使用するテキストも当日配付します。

確実に定着

カリキュラムにも

どの科目も、同じ単元を時期を変えながら繰り返し学べるよう、カリキュラムが組まれています。一度学んだ単元を、視点を変え、深みを増しながら反復することで、より確かな理解へとつながります。

より確かな理解

家庭学習(宿題)でも

宿題の内容も徹底した復習です。授業の予習が宿題として出ることはありません。日々の授業と宿題による相乗効果で、確かな学力が身につきます。

相乗効果
ページトップへ