学年別カリキュラム(小学6年生)

英語

小6の前期は、英語が好きになることを何よりも優先してカリキュラムを組んでいます。テキストには、思考力を試す問題などを掲載しており、楽しみながら正しく知識を身につけることができます。

後期は、中1の学習範囲の中でも特に英語学習の土台となる「基本単語」「基本例文」を厳選したテキストを使い、復習問題で定着度を確認しながら進みます。

授業の始めには、前の回に学習した内容の確認を小テスト形式で実施。その後、新規項目の解説をし、定着のための演習問題へと進みます。演習問題では、4技能(読む・書く・聞く・話す)の力を伸ばす問題をバランスよく出します。あわせて、音声を使用しながら英単語や英文の解説を行うことで、音声を聞き取るだけでなく、正しく書いて発音できるように学習します。

[家庭学習用] 英語音声トレーニングソフト(アプリ)「MyET」のご案内

カリキュラム

前期

3月期 ①Alphabet ②Greetings
③What’s this? ④Review
4月期 ①Alphabet ②Is this your book?
③Is this your book or mine? ④Review
5月期 ①Are you a student?
②Is your father a doctor?
③What’s your hobby?
6月期 ①Who are you? ②Who is that man?
③What’s his hobby? ④Review
7月期 ①How old are you? ②Do you like apples?
③What do you like best? ④Review
夏期 ①Alphabet and Greetings ②Read it Aloud.
③④Dialogue

後期

9月期 ①Greetings ②Introduce yourself!
③Who is that boy? ④Review
10月期 ①This is a big dog. ②This book is mine.
③Whose is this book?
11月期 ①Do you play soccer?
②Dose she play the piano?
③Doyou have a car? ④Review
12月期 ①What’s in the room? ②What is the man like?
③What is the boy doing? ④Review
1月期 ①These are apples. ②What are these?
③English Words
2月期 ①Where do you live? ②When do you study?
③English Words

check!

小6の英語では、その日に取り上げるトピックスがカリキュラムのタイトルになっています。前期は主に、トピックスに関連する単語や、英文の組み立て方を学びます。

[例] 7月期

② Do you like apples?

会話文の例を見ながら、実践(講師←→生徒の会話や類似表現の反復)を通して、疑問文の作り方やそれに対する答え方を学びます。同時に「like」の意味や、「apple」などの果物の名前、「math」などの科目といった、基本的な名詞を学びます。

後期は、前期と同様にトピックスに基づいて学習しますが、扱う単語の数が増え、難度が少しずつ上がっていきます。また、動詞、形容詞といった「品詞」にも触れます。

[例] 11月期

② Do you play soccer?

上記に挙げた、7月期②の内容をもう少し発展させます。「play」だけでなく、「read」「study」といった基本的な一般動詞をいくつか学び、応用していきます。同時に、場所と時間を表す表現も学びます。

算数

小5、6で学習する内容の中から、つまずきやすい単元や、高校受験につながる重要単元である「割合と比」「相似の活用」をさまざまな切り口で繰り返し学びます。テキストの一部には入試問題も掲載していますが、これは、小学校で学習する内容をしっかり理解し、正しく活用すれば、中学範囲を先取り学習しなくても解ける入試問題があることを実感してもらうためです。また、テキストは楽しみながら考えたり解いたりできるように工夫されています。

各単元の内容を、複数回にわたり、ときに連続してまたは間隔を空けて、段階的にレベルを上げながら繰り返し学習します。

また、月に一度配付するテキスト『repeat&Repeat』には、既習の内容を小テスト形式で掲載しているので、基本内容の確認をしながら計算力を鍛えることができます。

カリキュラム

前期

3月期 ①角度 ②約数と最大公約数 ③倍数と最小公倍数
④規則性の利用
4月期 ①分数のかけ算・割り算 ②分数の足し算・引き算
③割合〔基礎〕 ④割合の活用
5月期 ①分数計算のまとめ ②速さ〔基礎〕
③速さの活用
6月期 ①計算・割合のまとめ ②比〔基礎〕
③円とおうぎ形 ④比の利用
7月期 ①図形と比 ②割合・比のまとめ ③④比の活用
夏期 ①割合と比〔まとめ〕 ②平面図形〔まとめ〕
③立体〔柱体〕 ④立体〔錐体〕

後期

9月期 ①②相似の基本 ③④場合の数
10月期 ①相似のまとめ ②③面積比〔基礎〕
11月期 ①相似と面積比
②最大公約数・最小公倍数のまとめ
③④割合と比の活用
12月期 ①文章の読み取り ②円とおうぎ形のまとめ
③速さと比の活用 ④相似の活用
1月期 ①合同の活用 ②角の二等分線 ③円と動き
2月期 ①回転体 ②空間図形 ③総合演習

check!

  • 3 月、11 月には最大公約数と最小公倍数、規則性を利用して解くものなど整数に関する問題を取り上げます。高校受験で出題される単元ですが、小学校で学んだことを活用すれば解くことができます。
  • 分数計算については、ミスなく答えを出せるよう練習を積みます。途中式をしっかり書き、どこでどのような間違いをしたかを確認する習慣がつくよう指導します。複雑な計算問題や、連分数・繁分数、部分分数といった特殊な計算問題にも触れます。
  • 相似な図形は、拡大図と縮図の関係にあるものを言い、高校入試でも頻出の重要な単元です。中学生になると、辺の長さの比だけを考えるのではなく、面積比や体積比にその知識を応用するので、この時期にしっかりとした基礎をつくります。

国語

国語はすべての科目の土台であると言われます。読解力を身につけることで、出題文や設問の意図を正確に読み取れるようになるからです。国語学習において、小6は、土を耕し種をまく時期。中学の国語で求められる「読む力」「書く力」の土台をつくり、文章を読み解くことの「楽しさ」や「おもしろさ」を実感できるよう、説明的文章から文学的文章まで幅広く扱います。これらの文章には、小6生にとっては分かりにくい内容も含まれると思いますが、「人物の心情」や「主題・要旨」などをテーマに学習することで、どのようなジャンル、内容の文章でもしっかりと読める力がつきます。

確認テスト(コアチェック)で漢字や語句などの知識を定着。知識の学習によって豊富な語彙を備えることは、文章の正しい理解へとつながります。あわせて、小6のうちから記述問題や作文の演習を行い、表現力を育みます。

カリキュラム

前期

3月期 ①②説明的文章 話題・問題提示・結論
③④説明的文章 指示語
4月期 ①②文学的文章 場面・人物・設定
③④文学的文章 人物の特徴・性格
5月期 ①知識 ことばのきまり ②③説明的文章 接続語
6月期 ①②説明的文章 段落関係と要旨
③④文学的文章 人物の心情
7月期 ①②文学的文章 人物の心情 ③知識 慣用句
④知識 作文
夏期 ①説明的文章 具体・抽象
②文学的文章 理由・因果
③説明的文章 並列・対比
④文学的文章 主題・要旨

後期

9月期 ①②説明的文章 例と要点・共通点
③④説明的文章 理由・因果
10月期 ①②文学的文章 心情の変化をとらえる
③文学的文章 複数の心情をとらえる
11月期 ①文学的文章 複数の心情をとらえる
②③説明的文章 対比・相違点 ④説明的文章 並列
12月期 ①説明的文章 並列 ②③文学的文章 比喩・象徴
④文学的文章 情景の効果
1月期 ①②説明的文章 随筆 体験と意見
③説明的文章 随筆 筆者独特の表現
2月期 ①説明的文章 随筆 筆者独特の表現
②③文学的文章 随筆 体験と意見

check!

  • 年間を通じ、授業の中心は長文読解です。もちろん、知識事項の定着もおろそかにはせず、文の組み立て、品詞、漢字と語句など、重要な学習事項をしっかりと学ぶことのできるカリキュラムになっています。
  • 説明的文章の読解で大切なのは、主題や要旨をつかむこと。授業では、筆者の主張をとらえながら文章を読み進めます。普段の生活では使わない難しい語句も登場しますから、語彙力の強化もあわせて行います。
  • 文学的文章は、登場人物の気持ちの理解が重要です。心情表現に線を引きながら読むとよいでしょう。同時に心情変化のきっかけとなる出来事を把握しながら読み進めることで、文章への理解が深まります。読むコツをつかめば、読解がどんどん楽しくなるはずです。

理科・社会

国立大附、都県立、私立難関校の受験では、理科と社会が入試科目に含まれ、多くの場合、他の科目と同等のウエイトを占めます。加えて、「入試で差がつく科目」であることが、SAPIXで実施している模試や再現答案などの入試データから分かっています。

小6では、小学校で学習する内容の中でも、高校受験に必要な内容をピックアップし、細分化されたテーマに沿って学びます。SAPIXでは中1からの3年間で、入試に必要な内容を繰り返し学習します。同じ単元を、角度を変え、レベルを上げながら、繰り返し学習することにより、着実に学力が身につきます。

カリキュラム

理科

3月期 ①②物質の性質 
③④植物の一生とからだのつくり
4月期 ①②植物のはたらき 
③④物体の運動
5月期 ①~③光
6月期 ①~③太陽 ④月
7月期 ①②月 ③④溶解度
夏期 ①電気回路・電磁石 
②電流と発熱・動物
9月期 ①熱 ②③気象 ④大地の変化
10月期 ①大地の変化 ②③燃焼と酸化
11月期 ①②気体発生 ③④中和
12月期 ①②人体 ③④光・音
1月期 ①~③星
2月期 ①星 ②③てことばね

社会

3月期 ①②戦争の時代
③④戦後の民主化と国際社会への復帰
4月期 ①②戦後の国際社会と日本の経済成長 
③④現代社会の諸問題
5月期 ①~③農民の生活と土地制度の移り変わり〈弥生~室町時代〉
6月期 ①~③農民の生活と土地制度の移り変わり〈安土桃山~江戸時代〉 
④農民の生活と土地制度の移り変わり〈明治時代~現在〉
7月期 ①②農民の生活と土地制度の移り変わり〈明治時代~現在〉 
③④文化史〈旧石器~室町時代〉
夏期 ①商工業の発達〈飛鳥~江戸時代〉〈明治~昭和時代〉 
②交通・通信・都市の発達、文化史〈戦国時代~現在〉
9月期 ①日本国憲法〈国民主権と平和主義〉 
②③日本国憲法〈基本的人権の尊重〉 
④民主政治のしくみ~三権分立・選挙制度~
10月期 ①民主政治のしくみ~三権分立・選挙制度~ 
②③国会のしくみ
11月期 ①②内閣のしくみ ③④裁判所と裁判のしくみ
12月期 ①②地方自治・社会保障 ③④財政と経済のしくみ
1月期 ①②国際連合 ③国際社会のキーワード
2月期 ①国際社会のキーワード ②③地球環境を守る
ページトップへ