高校受験 小5・6生/中1・2・3生 9月期入室受付中

ご希望の校舎より、SAPIX中学部の詳細が分かる資料をお送りいたします。いま、資料請求された方には、『合格体験記』『保護者体験記』『情報誌SQUARE最新号』を無料進呈いたします。

まずはお気軽に資料をご請求ください。

高校受験 小5・6生/中1・2・3生 9月期(8/31~)入室のご案内

SAPIXでは、志望校合格はもちろんのこと、受験にとどまらない、さらなる飛躍の礎となる深い思考力と豊かな表現力を育みます。
高校受験をお考えの小5・6生/中1・2・3生の方は、この機会にぜひ、9月期からの通塾をご検討ください。

また、学校が忙しい方、遠方にお住いの方にも受講しやすい日曜日開講の特別授業、中2・3生対象「SS特訓(サンデー・サピックス)」を9月より開講します。SS特訓では、中3生は志望校別、中2生はテーマ別のカリキュラムで、日曜日を有効に活用し集中的に学習できます。あわせてご検討ください。

SAPIXの授業の特長

深い思考力と豊かな表現力を育む、SAPIXの授業

SAPIXの授業は一方通行の講義形式ではなく、生徒と講師の活発なやり取りによって進行する少人数制 双方向授業です。自ら考えること、そして考えた内容を表現することで、主体的な学習姿勢が身につきます。生徒の思考を促し、知的好奇心を刺激する授業で、思考力と表現力を育みます。

また、使用するテキストはすべて、SAPIXの講師が作成しています。オリジナルテキストだからこそ、長年の知識と経験に基づく徹底した入試問題分析の結果をカリキュラムに反映できるのです。毎回1冊のテキストを授業当日に配付し、予習の必要はありません。初めて習う単元をその場で考えることで、公式や暗記に頼らない思考力を養います。

入室に関するQ&A

Q1. 入室テストの範囲はありますか。難しいですか。

主に学校で習った範囲から出題します。応用問題も含まれますが、お子さまの挑戦する意志を測るもので、正解することが入室の条件ではありません。焦らずに、自分の分かるところ、できるところから丁寧に解答してください。テストの結果はお子さまのよい面、優れている点を見いだし、効果的な指導を実践するために活用しています。

  • テストによって問題や難易度が異なるため、合格基準点はその都度変わります。
Q2. 今まで塾に通ったことがないのですが、大丈夫でしょうか。
もちろん大丈夫です。SAPIXには通塾経験のなかった方にも多くお通いいただいています。常にクラス担任がお子様の様子に気を配り、授業担当講師も理解度などを配慮のうえ授業を進めますので、ご安心ください。また、ご入室前に実施する「通塾オリエンテーション」で、学習の進め方などをご説明しますので、不安な点や分からない点がありましたら遠慮なくご相談ください。
Q3. 校舎によって授業の進み方に違いはありますか。
いずれの校舎にお通いいただいても、カリキュラム・学習内容・教材などが異なることはありません。また、すべての校舎で、少人数クラス(1クラス10~20名程度)・クラス担任制によるきめ細かい指導を心がけています。お住まいやお通いの中学校の最寄りの校舎をお選びください。
Q4. 途中入室でも大丈夫ですか。
入室テストの結果などを踏まえて一人ひとりの理解度を確認し、きめ細かくフォローしますので、ご安心ください。また、SAPIXのカリキュラムは「復習主義」に基づいていますので、同じ分野を繰り返し学習します。入室時点で習っていない単元があっても、また同じ分野の学習をすることができます。
Q5. 授業見学や体験授業はありますか。

ご希望により、教室の外から授業を見学していただくことができます。詳しくはお近くの校舎までお問い合わせください。平常時の体験授業は実施しておりません。ご了承ください。なお、季節講習は、講習のみの受講が可能ですので、SAPIXの授業を体験する機会としてご検討ください。

  • 授業見学について、曜日・時間帯などによってはご希望に沿えない場合がございます。ご希望の際は、予め校舎までお問い合わせください。
  • 入室をご検討中の小学生・新中1生を対象に、体験講座「中学進学英数ゼミ」「夏期特別ゼミ」「冬期特別ゼミ」を実施します。また、入室テストを受験された方を対象に、特別体験授業を実施することもあります。対象学年・日時などの詳細は、ホームページにてお知らせします。
Q6. 講習だけを受講したいのですが、入室テストの受験は必要ですか。
はい。講習は年間のカリキュラムの一環として行っているので、講習のみの受講に際しても、学習状況の確認のため、入室テストまたは公開模試を受験していただきます。遠方にお住まいなどで、入室テスト実施日のご都合が合わない方はご相談ください。なお、講習後は、入室手続きをしていただくと、そのまま平常授業を受講することができます。

授業や通塾に関するQ&A

Q1. 子どもがおとなしいタイプで、授業中に発言するのが苦手です。双方向授業には向いていませんか。
ご安心ください。双方向授業の要は、「なぜそのように考えるのか」「どこに着眼すべきか」といった思考の過程を重視する点にあります。重要なのは、「授業で発言する」こと自体ではなく、その場でのやり取りを教室全体で共有すること。そして、「誰かの意見を聞き」、「自分の意見を持って授業に臨む」ことにこそ意味があるのです。
Q2. 授業を欠席した際はどうすればよいですか。
体調不良や学校行事などの都合で欠席した場合には、後日、授業で配付した教材一式をお渡しします。授業進度や宿題の詳細を記した連絡票もお渡ししますので、それをご自宅での学習の指針としてテキストを解いていただき、不明な点はご質問ください。
Q3. 授業外で質問をしたいときはどうすればいいですか。また、自習はできますか。

授業の前後などに質問対応をいたします。分からないところはそのままにせず、早めに解決する習慣をつけましょう。また、使用していない教室を自習スペースとして利用することもできます。

  • 季節講習などですべての教室を使用している場合は利用できません。あらかじめ校舎に使用状況をおたずねください。
Q4. 部活との両立ができるか不安です。
ほとんどのSAPIX生が部活に入っています。SAPIXでは学年が上がるにつれて通塾日数が増えますが、特に中1・2生の間は、通塾日数とともに家庭学習の量にも配慮しています。また、講師も皆さんが限られた時間に効率よく学習できるよう、アドバイス・フォローしていきます。最初は大変に感じるかもしれませんが、たとえ遅刻しても休まずに通い、集中して授業に取り組むことで、自然と学習ペースを掴めるようになります。
Q5. まだ志望校が決まっていません。普段の授業は志望校別ですか。
平常授業のクラス編成は学力別のため、入室時点で志望校が決まっていなくても大丈夫です。クラス替えも定期的に実施しますので、成績の向上に合わせて、より高い目標を目指して学ぶことができます。さらに、イベントやオリジナル資料を通して高校の情報を提供し、生徒の皆さんの志望校選びをサポートします。
Q6. 途中で志望校が変わった場合はどうすればよいですか。
平常授業は学力別のクラス編成で特定の入試傾向に偏ることなく学習しますので、志望校の変化に柔軟に対応できる学力が身につきます。また、志望校の入試形態に合わせて5科・3科の選択を変更することができます。志望校対策を集中的に行う特別講座において受講クラスに迷う場合は、担任にご相談ください。
Q7. 学校の勉強とSAPIXを両立できるか心配です。
SAPIXがその学習システムにおいて重視している「復習による定着」と「自主的な学習習慣の確立」は、学校生活にも好影響を及ぼします。また、授業内の小テストから公開模試まで定期的にテストを実施するため、実戦力と対応力が培われ、学校の定期試験にも強くなります。なお、ご希望に応じて、教科書に準拠した問題集も販売し、担当講師が添削します。
Q8. 非常時の備えについて教えてください。
SAPIXでは生徒の皆さまの安全を第一に考え、日頃より防災・防犯対策に努めています。防災用品の常備、防災訓練の定期的な実施とともに、『防災ガイド』を配付・掲示するなどして、万が一の事態に備えています。

SAPIXの授業についてさらに詳しく

小学5・6年生の皆さんへ

中学校入学後とその先の高校受験につながる「学びの基盤」をつくる。高校受験に向けて、小学生からはじめるSAPIX

SAPIX中学部での小学生の学習目標は、中学校入学後とその先の高校受験につながる「学びの基盤」をつくること。小学生に最適なメソッドで、科目ごとの盤石な基礎力と自律的な学習習慣を養成し、最新の豊富な高校受験情報を提供します。SAPIX中学部は、未来を見据える小学生と保護者の皆さまを、引き続きフルサポートしていきます。

卒業生の声

  • 先生がたくさん話しかけてくれるので、質問も気軽にできるし、楽しみながら勉強できました。(開成高 合格)
  • SAPIXは、僕の長所も短所もしっかりと把握して、それをふまえて教えてくれる頼もしい存在でした。(筑駒高 合格)
  • 先生からの的確な指摘や解決策、アドバイスのおかげで、「勉強しよう」と自分から思えるようになりました。(慶應女子高 合格)
  • 生徒と先生の距離が近く、気軽に質問に応じてくれ、親身になって一人ひとりのことを考えてくれました。(学芸大附高 合格)
  • SAPIXの授業では、単に正解か不正解かを見るのではなく、生徒一人ひとりの考えをしっかりと聞いてくれました。(慶應義塾高 合格)
  • SAPIXのテキストには入試で頻出の内容が凝縮されています。先生方には勉強のアドバイスだけでなく、多くの励ましの言葉もいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。(早大学院 合格)
  • どの授業もおもしろいのがSAPIXのすごいところです。先生方が分かりやすく要点をまとめて教えてくれるので、授業がとても短く感じられました。(都立日比谷高 合格)
  • 理解できるまでじっくり教えてもらえ、どんなことでも相談しやすい環境だったからこそ、疑問に思ったことをすぐに質問する習慣がついたのだと思います。(県立船橋高 合格)

小5・6生対象高校受験コースについてさらに詳しく

SS特訓[日曜日開講]受講を希望の皆さんへ

日曜日の集中学習で、志望校合格へ。SS(サンデー・サピックス)特訓 9/3開講

SS特訓は日曜日限定で開講する特別授業。中3生は志望校別のクラス編成とテキストで、9月から受験直前までの、実戦的な集中特訓を行えます。中2生は1講座(科目別)より受講可能なテーマ別講座。難関校合格のために必要な力を育み、受験へのスタートダッシュをサポートします。

※SS特訓は中2・3生が対象です。

SS特訓 3つの特長

日曜日に開講

SS特訓は日曜日に開講します。週1回の集中学習で、弱点を克服し、得意分野を強化することができます。また、日曜日の授業なので、学校が忙しい方、遠方にお住まいの方も受講しやすく、効率的に実力を伸ばすことができます。

志望校に合わせてクラスを選択

中3生は志望校別クラス、中2生はテーマ別講座なので、目的に合ったクラスで効果的に学習できます。また、1回完結型のオリジナルテキストを使用した授業は、復習や総まとめにも最適です。

切磋琢磨できる学習環境

SS特訓には、全国から目的意識の高い、熱意ある中学生が集結します。ハイレベルでお互いに切磋琢磨できる学習環境が、受講生の皆さんの学力を押し上げます。

SS特訓についてさらに詳しく

ご希望の校舎より、SAPIX中学部の指導方針、システムなどの詳細が分かる資料をお送りいたします。
まずはお気軽にご請求ください。

いま、資料請求された方には、『合格体験記』『保護者体験記』『情報誌SQUARE最新号』を無料進呈いたします。
入室案内イメージ 合格体験記/保護者体験記 イメージ 情報誌「SQUARE(スクエア)」イメージ

※上記画像は送付内容の一例です。送付内容は異なることがございます。予めご了承ください。

主な送付内容

※ご希望の校舎・ご請求時期・学年などにより、送付内容が変更となることがございます。予めご了承ください。

※下記の送付内容のほか、イベントのご案内・その他告知などの資料を同封させていただくことがございます。

名 称 概 要
入室案内パンフレット SAPIX中学部の特長、指導方針、システム、サポート体制などが分かる、総合的な案内パンフレットです。
学年別の詳しいご案内 入室までの流れ、ご希望の校舎の授業曜日・時間帯や授業料などのご案内です。
季節講習・特別講座のご案内 学年・ご請求時期により、直近の季節講習・特別講座のご案内を同封させていただくことがございます。
公開模試のご案内 ご請求時期により、直近の公開模試のご案内を同封させていただくことがございます。
※中学1・2・3年生が送付対象です。
2018年・29期生 合格体験記 SAPIX中学部29期生のうち162名による体験記です。
2018年・29期生 保護者体験記 SAPIX中学部29期生の保護者の方のうち106名による体験記です。
「SQUARE(スクエア)」最新号 難関高校を目指す小・中学生のための情報誌です。

小5・6生/中1・2・3生
資料のご請求はこちら

ページトップへ