中3の夏は「勝負の夏」 ~SAPIX卒業生の声~

夏に苦手を克服 クラスのみんなが一緒に戦う仲間に

夏期講習では、記述問題の書き方や古文の読み方などを教えていただき、次第に国語に対する苦手意識が薄れていきました。数学では苦手だった整数問題を克服し、英語では文法やことわざなどの知識を得ることができました。また、講習の初めの頃こそ緊張しましたが、次第に一緒に受験をする仲間であるという意識に変化しました。

自分はもちろんクラス全体の空気がよくなって、勉強がはかどりました。夏から継続して努力したことが力になったと実感しています。(慶應女子高 合格)

先生からのアドバイスと夏の成果が大きな自信につながった

僕は中3の夏期講習から本格的な受験勉強を始めました。先生は、僕が苦手な科目を克服できるように、解くべき問題などを具体的にアドバイスしてくれました。つらいときもありましたが、SAPIXで出された課題をこなせば絶対に合格すると信じて勉強を続けました。

夏期講習中の努力の成果が発揮されたのは秋に受けた模試です。苦手科目が予想以上にでき、総合でもよい結果が得られました。思い返せばこの模試が、大きな自信につながりました。(開成高 合格)

夏期講習から入室 「才能」よりも大切なことを知る

私は中3の夏期講習から入室しました。数学が苦手だった私は、当初、自分の学力では第一志望に届かないだろうと半分諦めていました。数学ができないのは才能の問題で、自分に「ひらめく」力がないせいだと考えていたのです。

しかし、授業を受けているうちに、ひらめきだけが重要ではないことが分かり、よく出る問題の基本的な考え方や多くの場面で使える解き方を教わったことで、数学だけでなく、他の科目でも同様に解ける問題が増えていきました。(都立日比谷高 合格)

活気にあふれた授業 同時に気持ちが引き締まる

夏期講習の初日、どんな授業を受けることになるのだろうと不安でしたが、和やかで生徒が積極的に発言できる授業の雰囲気に驚きました。また、先生方がこちらの興味を引き付けるような授業をしてくれるので、SAPIXに行くのが日に日に楽しみになりました。

同時に、僕はこれまでの自分が受験を甘く考えていたことを思い知り、SAPIXの先生方のレベルの高さに圧倒されました。(筑波大附高 合格)

部活漬けの日々から心機一転 解ける問題が増えていく

中3の夏までは部活に忙しい日々で時間に追われていたため、受験勉強を本気で始めたのは夏休みに入ってからでした。

先生方は、私が理解できているかどうかを確かめながら一つ一つの質問に丁寧に答えてくださり、そのおかげで解ける問題がどんどん増えていきました。また、SAPIXに通っているうちに、志望校に向けて一生懸命努力しているみんなに刺激され、励まされました。(青山学院高 合格)

ページトップへ