[実施終了] 中3 SS特訓(サンデー・サピックス) 筑駒理社クラス(全4回)

※実施終了しました。

※2016年の要項を掲載しています。2017年の要項は、確定し次第公開いたします。

非常に難度の高い筑波大学附属駒場高校の入試を突破するために不可欠な、理科・社会の対策。早めの準備が合格の可能性を高めます。同じ目標をもった受講生が集まるこの集中特訓で、筑駒高合格へ近づきましょう。

※SAPIX生の方は、お通いの校舎からご案内いたします。

2016年合格実績 筑駒高(定員 40名) 21名 ※その他、難関高校に多数合格

授業方針

筑駒理社クラス 特長

実施要項

対象 筑駒高合格を目指す中学3年生
科目 理科・社会(2科目セット)
日程

2016年5月29日()・6月5日()・6月12日()・7月17日(

※全4回

※7月10日()に合格力判定付きの公開模試「第2回 サピックスオープン」を実施します。本講座を受講される方は必修です。

時間 14:00~18:00(理科・社会 各2時間)
会場 SAPIX中学部 渋谷校
費用

入室金 32,400円(税込)+ 受講料 20,520円(税込)= 52,920円(税込)

※受講料には7月10日()実施の公開模試「サピックスオープン」の受験料が含まれます。

※入室金は、SAPIX小学部などのご在籍、ご受講経験により免除または割引がございます。詳細はお問い合わせください。

授業内容

理科

カリキュラム
  • 力学
  • 電流
  • 化学変化

筑駒高の理科は、物理分野の難度が高く、また、化学分野は、標準的な難度ながら、それだけに完成された基礎力と演習の量がものをいうため、この2分野において合格者と不合格者の得点差が顕著に表れます。特に物理は、受験生が苦労しがちな分野で、考え方を身につけ、理解するためには早めの準備が必要です。そのうえ筑駒高レベルの難問となると、自分だけで克服するのは至難の業と言えるでしょう。この特訓では、物理・化学分野を中心に、筑駒高の特徴に合わせてじっくり学習し、難問に取り組むうえでの考え方を培います。

社会

カリキュラム
  • 地理
  • 歴史
  • 公民
  • 総合

筑駒高の社会では、精確かつ深い理解が試されます。知識が身についていることは大前提で、日本や世界で起きている出来事に対し、自分なりの視点で考える姿勢が問われます。また、問題を正しく読み取り選択肢を吟味し、複数の正答を選ぶ形式の記号問題に対応する力は、一朝一夕に身につくものではありません。早い段階で出題傾向を理解し、学習計画を立てることが大切です。この特訓では、分野別に出題傾向や解き方を解説し、夏期以降の学習方法などを説明します。

受講ガイド

※実施終了しました。

ステップ1

まずはお電話ください

受講希望の旨を5月6日(金)までに下記フリーダイヤルにご連絡ください。

0120-3759-86(日曜・祝日を除く11:00~18:00)

ステップ2

テストお申込み・受験

5月8日()実施の公開模試「第1回 サピックスオープン」をお申し込みのうえ、必ず5科目でご受験ください。

※受験料:5,400円(税込)

ステップ3

受講手続

お電話でテスト結果をご連絡します。基準に達した方には手続き書類をお送りしますので、同封の「入室申込書」に必要事項をご記入のうえ、記載の期日までにご提出ください。

ステップ4

費用のお支払い

受講手続後、払込用紙をお送りいたします。到着後、記載の期日までに最寄りのコンビニエンスストアでお支払いください。

※払い込みに関する業務代行を「SMBCファイナンスサービス」に委託しております。

続けて受講しよう、SAPIXの特別講座

9月開講 全12回の志望校別日曜特訓 SS特訓
※詳細は6月に公開予定

» 2015年の実施内容はこちら

ページトップへ