早稲田実業学校高等部 2018年出題傾向リサーチ

英語

早実高 傾向分析 傾向分析 英語

A 語彙・語義定義:小問数5

早実高で頻出の問題形式です。答えとなる英単語はすべて標準的なレベルでした。

B 正誤問題:小問数4

近年の早実高では出されたことのない正誤問題でした。正解するには正確な文法知識が必要です。

C 和文英訳:小問数2

3年連続で同じ形式の英作文問題が出されました。対話文中の日本語を正確に英語にできる力が求められています。

D 対話文の読解(約445語):小問数9

近年の早実高では見られない対話文の読解が出され、卵の殻の構造に関しての内容でした。理科系の長文は2017 年の生態系の説明文に続いて2年連続の出題でした。

E 説明文の読解(約440語):小問数10

ネット中毒に関する説明文でした。問1では語句の意味を文脈から推測する必要がある問題が出されました。

F 物語文の読解(約1025語):小問数9

中年男性が客車で見舞われたトラブルを描いた物語文でした。問6では話のオチの部分が空所となっていて、話の筋道が通る選択肢を選ばせる難問でした。

G リスニング問題:小問数12

試験開始55分後からの実施でした。Ⅰの応答文選択と、Ⅱの対話文に関する質問の答えを選ぶ形式は1回のみ放送され、Ⅲの長い対話文に関する質問の答えを選ぶ形式と、Ⅳの空所補充の要約文完成は2回ずつ放送されました。Ⅳの要約文完成では、放送を聞かなくても推測可能な英単語もありました。放送終了時点で、残り時間は2分程度でした。

数学

早実高 傾向分析 傾向分析 数学

1 小問集合

式の値、二次関数の変域、整数、確率の4問からなる小問集合でした。いずれも基本的な問題なので、合格のためには素早く正解する必要があるでしょう。

2 小問集合

速さの文章題と円に関する問題の2題で構成される大問でした。ともに典型的な問題で、類題演習を通して解法の定着ができていたかどうかが得点差につながったと思われます。

3 文章題

小問ごとに細かな条件が変わる文章題でした。(1)は基本的な問題でしたが、(2)以降を効率的に解くためには、与えられた条件を表や図などを利用してまとめる作業が必要です。特に(3)は整数の性質からの吟味もしなくてはならず、注意深く考えることが求められていました。

4 空間図形

正八面体におけるさまざまな部分の長さを求める問題でした。(1)は基本的な問題でしたが、(2)を正解するには適切な平面を抜き出すことが必要なため、丁寧な処理が求められています。(3) は複数の解法が考えられる問題で、制限時間内に正解するのはやや難しかったかもしれません。

5 二次関数

図形の性質を利用して解き進める、放物線と図形の融合問題でした。後半の小問は、利用すべき図形の性質は分かりやすいものの、その利用法によって正解へたどり着くまでの計算量が異なるため、難度が高いと感じた受験生も多かったかもしれません。

国語

早実高 傾向分析 傾向分析 国語

1 堀辰雄『麦藁帽子』

幼馴染みの少女に恋する少年が素直に気持ちを表現できず、もどかしいやり取りを重ねるという内容の小説文でした。抜き出し問題は難度が高く、多くの受験生を悩ませるものでした。また、心情理解に関する記号選択も選択肢の吟味に時間を要するものが多く、これらの設問で大きな差がついたと考えられます。そのほか、漢字や表現技法について問われていますが、いずれも標準レベルだったため、確実に得点しておきたいところでした。

2 管啓次郎『本は読めないものだから心配するな』

読書の実用論について述べた論説文でした。従来、早実高の入試問題は記号選択と抜き出しを中心とした設問構成でしたが、2018 年は問12 において記述問題が出されました。制限字数は30 字と短いものの、今後の傾向変化には注意が必要です。知識分野では、海外文学の作品名を空欄補充形式で解答する問題が出されました。こちらも例年にない形式だったため、驚かされた受験生が多かったと考えられます。段落分けの問題や漢字3問は基本レベルだったため、確実に正解したいところです。

3 『をぐり』

主人ともども毒殺された10人の従者たちと閻魔大王とのやりとりを描いた古文が出題されました。歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに改める問題や旧国名を答える問題では、なるべく失点を避けたいところです。文学史の知識としては、語り物文芸を2つ選択させる問題が出されましたが、文学史の基本的な知識を活用して消去法で解くことが可能でした。文章内容の理解に関する記号選択問題では、物語の展開を正確に把握する必要があり、得点差が生じたと考えられます。

早慶高特集 コンテンツ一覧

その他参考資料

お知らせ

SAPIX中学部 YouTube公式チャンネルで、『〈早慶高〉英語/数学の傾向と対策』を公開中。早慶高入試の英語・数学について、学校別の傾向と学習法のポイントをコンパクトかつ分かりやすく解説しています。ぜひ、ご覧ください。
保護者や先生を対象に、受験や進路に関するニュースを毎日発信している「リセマム」。特集「人気高まる早慶高…SAPIXに聞く慶應/早稲田の魅力と合格の秘訣」で、早慶高の入試制度や各校の魅力などについて、SAPIX講師が解説しています。(慶應の記事はこちら)(早稲田の記事はこちら
ページトップへ