ようこそ校舎へ! 国立校

東京西部の情報発信の拠点に

JR国立駅の南口から真っすぐ伸びる「大学通り」。道沿いに木々が立ち並ぶ、落ち着いた雰囲気のこの通りに面しているSAPIX中学部国立校は、都内で最も西に位置する校舎です。

「国立周辺はもちろん、八王子や青梅など、通塾エリアが東京西部の広範囲にわたることが、国立校の特徴の一つです。受験の問題はデリケートだからこそ、SAPIXは違う中学校の生徒と悩みを共有でき、励まし合える貴重な空間になっていると言えます」と語るのは、室長の石川浩先生です。

この地域は伝統的に都立志向が顕著で、地元の進学指導重点校である国立高、立川高、八王子東高は根強い人気を誇りますが、最近は日比谷高、西高を志望する生徒も増えているとのこと。また、筑駒高、学芸大附高、開成高など国私立の進学校、慶應志木高、早実高、慶應女子高などの大学附属校を志望する生徒も従来から多いそうです。

国立校は東京西部の情報発信の拠点にもなっています。石川先生は、塾の役割の一つとして「正確な情報を提示する」ことを挙げます。「入試をめぐる状況は毎年変わりますし、不透明な情報も少なくないもの。本当に知りたい正しい情報をお伝えすることも、私たちの使命だと考えています」

最後まで貫くことが大切

「高校受験に臨むにあたって『変わらなくてはいけない部分』はありますが、『変えてはならない部分』もあります」と話す石川先生。常に最新かつ正確な情報を収集する一方で、ずっと変わらずに柱としているのが「授業と復習」です。過去の経験からも、「復習をきちんとすれば、確実に力が伸びる」ことは明らかだと言います。「講師に求められるのは、一人ひとりの現状を把握し、ほかのスタッフとも情報を共有して、その都度的確に指導することに尽きると思います」

もう一つ、変わらずに大切にしているのが、「早い学年から学習習慣をつけさせること」。勉強を後回しにせず、すべきことをしっかりとして、苦手科目からも逃げない姿勢を養うのです。そのためにも、模試の復習を徹底するよう指示しています。早い段階からこれができれば、自分に合った復習の仕方や自分が見やすいノートのまとめ方を考えてできるようになり、過去問演習の復習にもみずから取り組めるようになります。

なかにはどうしても勉強に身が入らない生徒もいますが、それは志望校を決められないことが原因になっている場合もあるようです。そんなときは、保護者の方の協力も得ながら、志望校を自然に意識できるよう導きます。「受験は自分の力で乗り越える」という意識を持たせるようにしたところ、驚くほど成績が伸びた生徒もいたそうです。国立校として一丸となって取り組んでいるのは、「生徒が勉強に関して自立すること」だと石川先生は強調します。

このような取り組みが結実し、今年の春の卒業生は受験者全員が合格する高校が多数出るほどすばらしい成果を残しました。しかし、今年度の中3生に対しては、それぞれの生徒に合った方法があるので、変えていくべきところは変えていくという方針です。「現状に満足せず、常に新しいことに挑戦し続ける」。これも国立校が目指している姿です。

「受験は人生のなかで必要なもの」と語る石川先生。「高校受験というライフイベントは、もちろん学力もつきますが、精神的にも強く鍛えられる絶好の機会です。結果がどうあれ、最後まで貫いた体験は、その先に必ずつながっていくものです。私たちがきめ細かくサポートしますので、仲間たちとお互いに高め合いながら、自立した姿勢を身につけてほしいと思います」と結びました。

SAPIX中学部 国立校 校舎情報

対 象小5生 小6生 中1生 中2生 中3生
所在地〒186-0004
東京都国立市中1-17-27 第3関口ビル 3F Googleマップで見る
電 話042-571-6711
交 通JR中央線 国立駅徒歩5分
校舎地図

資料のご請求はこちら 校舎一覧はこちら

ページトップへ