「~拝啓 サピックス様へ~」Y.Hさん(慶應義塾高校 進学)保護者様より

Y.Hさん(慶應義塾高校 進学)保護者様より
偉業を成し遂げた顔で、息子は言った。「これはゴールではなく通過点」だと……。

今までに、こんなに自信に満ちあふれた息子の姿を、私は見たことがない。

慶應義塾の合格発表の日、息子と二人で発表を見るために、高校へ向かった。自分の受験番号を見つけた、そのときの息子の顔を、私は一生忘れない。

勉強が決して好きではなかった息子が、「塾に行きたい」と言い出した。しかも、サピックスに……。小学部の専門塾だと思っていた私は、「他を探そう」と言ったが、自分で調べて中学部もあると知り、入室することになったのは、中一の春のことだった。

そのころ、何となく「慶應って今から頑張れば、行けるのかな」と、息子に聞かれ、心の中では「無理、無理」と思いながらも、「頑張ればね~。今度、塾の先生に聞いてみるね」と適当な返事をした。そして、塾での面談のとき、「慶應って今から頑張れば、行けるのでしょうか」と質問した。先生からは、「今からきちんと勉強していけば、十分狙えますよ」という返答だった。私は、半信半疑ではあったが、その言葉通り息子に伝えた。息子はちょっとうれしそうだった。

それでも、成績も、やる気もいまひとつだった息子が、いきなり高校受験を意識した勉強などするはずがない。ただ一つ、どんなに部活が忙しく疲れていても、塾を休むことは決してなく、与えられた課題をきちんとこなし、塾に行くことが楽しいらしく、そんな日々が中二の秋まで続いた。

息子にちょっとした転機が訪れた。部活をやめると言い出したのだ。「今、自分がやりたいことは部活ではなく、受験勉強をして、慶應に合格することだ」と……。

それから息子は、慶應に絶対合格したいという、思いだけは強く持つようになった。今まで部活に費やしていた時間を勉強時間に費やせるようになった。でもなぜか、成績が思うように上がらない。焦る気持ちを抑えながらも、変わることなく、塾を休まず通うこと、課題をきちんとこなすこと、それだけを淡々とやり続けた。他には何もない。ただひたすら塾の授業と課題を繰り返す。「これだけでよいのです」と言う先生の言葉を信じて。

そして、とうとうそのときがきた。信じて頑張り続けた、その結果が、第一志望である慶應義塾の合格だった。すぐには信じられず、数日間興奮から覚めることはなかった。偉業を成し遂げた顔で、息子は言った。「これはゴールではなく通過点」だと……。これほどまでに成長できたのは、サピックスの素晴らしい先生方のおかげに他ならない。

ページトップへ