「なんとなくが現実に」S.Hさん(都立日比谷高校 進学)

S.Hさん 都立日比谷高校 進学
併願合格高校:東京学芸大学附属高校、市川高校、渋谷教育学園幕張高校
やれるだけのことはやり、合格発表の日、緊張や不安に押しつぶされそうになりながらも高校へ向かった。壁に貼られた大きな紙に、自分の番号を探す。そして、見つけた。

いきなりだが、正直に言ってしまおう。最初は塾になど入りたくないと思っていた。実際、私が入室したのは中3の4月。それまでは塾とは無縁だと思っていた。

中1のときから、私は学校見学に行っていた。もちろんそのときの私は、高校受験のことなど気にしていなかった。ただ「トップ校というものを見てみよう」という考えで、なんとなく日比谷高校を訪問した。いざ行ってみると、文化祭や部活動のパンフレットがおもしろいし、内容も高度だった。「ここだ」と思った。そのときから、私は上位校を目指すようになった。

しかし、まだ塾には入らなかった。中2の3学期になってやっと塾のことを検討し始めた。近所にある、友だちも通っている、レベルも高い、という浅い理由でサピに決め、中3になって入室した。宿題の量やレベルの高さ、授業の進度の速さで、最初は追いつくのに苦労した。「こりゃだめだ」と思うこともあった。だが着実に力はつき、日比谷高校や開成高校など「トップ校」の問題も解けるようになった。

得意な理社を活かし、5科目受験の私立・国立高校を突破した私は、いよいよ本命の日比谷高校に臨むこととなった。自校作成問題に戻り、難易度が少なからず上がるだろうとは思っていた。しかし本番、予想を超えて難しくなっている問題を見て、圧倒された。緊張こそしていなかったものの、さすがに合格できるか不安になった。やれるだけのことはやり、合格発表の日、緊張や不安に押しつぶされそうになりながらも高校へ向かった。壁に貼られた大きな紙に、自分の番号を探す。そして、見つけた。

我ながら、よく中2まで塾なしでやっていけたものだ。しかし、ここまでこられたのはSAPIXあってこそだと思う。それでもまずは、お疲れ、自分。

ページトップへ