「諦めずに最後まで」R.Aさん(青山学院高等部 進学)

R.Aさん 青山学院高等部 進学
併願合格高校:専修大学松戸高校(E類)
ここまで見守ってくれた家族、いつも支えてくれた先生方、本当にありがとうございました。

私は中学1年の3月頃にSAPIXに入室しました。そのときの私は、得意科目をあまり意識せず、苦手な科目に対してもそれほど危機感を覚えていませんでした。しかし、教わることが増えるにつれて、自分の勉強ペースが遅かったこともあり、どんどん授業との差が出ていきました。テストでは苦手科目を得意科目でカバーしていたこともあり、ひどい結果にはなりませんでした。だから、苦手な科目は他でカバーできればいいと思ってしまいました。今思うとこれは誤った考え方で、それによって中学2年頃には苦手意識が完璧にできあがってしまいました。また、授業でしっかり理解できなかったところも自分で勝手に解決してしまっていました。

中学3年になり、今まで得意だと思っていた科目の点数が急激に下がり、第一志望に全然届いていないことが分かりました。このままではいけないという思いを持ち始め、先生方に苦手科目を基礎から教えていただきました。また、自分で解けなかったところは解き直しをすることが大切だと知り、実践しました。過去問を解いていて合格目標点に届かないことがあり、不安になったときは、SAPIXの先生方が親身に相談にのってくれて、不安が徐々になくなっていきました。

そして試験当日のテストでは、手応えを感じることができ、面接は先生方と練習していたので、自信を持って自分の思っていることを話すことができました。しかし、合格発表の日まではとても不安だったので、自分の受験番号を確認できたときは、とても嬉しかったです。

ここまで見守ってくれた家族、いつも支えてくれた先生方、本当にありがとうございました。そして志望校に向かって頑張っている皆さん、曖昧な理解をしっかりとした理解に変え、後悔しないように頑張ってください!

ページトップへ