「合格への一番確実な方法」K.Aさん(慶應義塾高校 進学)

K.Aさん 慶應義塾高校 進学
併願合格高校:早稲田大学高等学院、栄東高校、広尾学園高校、立教新座高校
いつかやるのではなく、少しずつ今から始めることが合格への一番確実な方法だと思います。

僕がSAPIXに入室したのは中1の春でした。中3になるまで僕は、明確な志望校があるわけでもなく、部活が忙しかったので授業にも遅れてしまい、正直、受験勉強をしているという感じはありませんでした。そのため部活を引退した中3の夏休みから、僕の受験勉強が本格的に始まりました。

しかし、勉強の習慣がついていなかった僕は、夏休みのチャンスをあまり有意義に過ごすことができませんでした。ただ、今までやってこなかったこともあって、夏休み明けの模試の結果は案外よく、「こんなもんで大丈夫だろう」という浅はかな考えになってしまいました。すると当然成績は本番に近づくにつれて落ちていき、12月の早慶高それぞれの学校別入試プレでは思うような結果が出ませんでした。

さすがに焦った僕は、みんなに少しでも追いつくように必死で勉強しました。本番がもうすぐということもあって、今からでも間に合いそうなものを集中的に取り組みました。英単語を詰め込んだり、過去問やSS特訓のテキストを見直したりして、何とか短期間で少しでも成績を伸ばそうとしました。そしてそのかいあってか、志望校に合格することができました。

僕が受験で学んだことは、怠けていると必ずいつかツケが回ってくるということです。受験勉強中、僕は前からコツコツ努力しておけばよかったと後悔しました。今回、僕が成功できたのは、間違いなくSAPIXのテキストや先生のおかげだと思います。いつかやるのではなく、少しずつ今から始めることが合格への一番確実な方法だと思います。

ページトップへ