「数学0点からの合格」H.Iさん(中央大学杉並高校 進学)

H.Iさん 中央大学杉並高校 進学
第一志望校に合格できたのは、よい刺激をくれるライバルと優しく丁寧に教えてくれる先生、そして家族のおかげです。本当にありがとうございました。

私がSAPIXに入室したのは中3になってからでした。SAPIXの内容は今までしてきた勉強とは全く違い、私には初めての経験でした。周りの人はみんなレベルが高く、ついていけるかとても不安でした。そのなかでも何とかついていこうと、授業も宿題も一生懸命に取り組みました……最初のうちは。SAPIXに馴染み始めてからは気が緩み、あまり自分から勉強をしなくなっていきました。

そんな時期に受けた6月の早慶比較模試。数学で0点をとりました。元々数学は苦手でしたが、衝撃を受けました。さすがにやらないとまずい、と思い、毎日勉強をするようになりました。少しずつ、ほんの少しずつだけれど、成績が伸びるようになっていきました。先生にも褒められるようになり、それが嬉しくて夜遅くまで勉強するようになりました。

だがしかし、夏休みを過ぎたあたりから、私は調子にのってあまり勉強をしなくなっていました。周りの人たちはぐんぐんと力を伸ばし、私は置いてけぼりをくらいました。「私だけができない」。毎回の授業でそう思うようになりました。そして迫り来る受験というプレッシャー。私は家族や先生にあたりました。自分が勉強しないのが悪いのに他人のせいにして逃げていました。

そんなときに私を変えてくれたのは、先生からの喝でした。私のことを信じてくれている。それがたまらなく嬉しかったのを覚えています。私はその日から必死に勉強しました。大晦日の夜も元日の朝も、一問一答を解いていました。志望校の過去問は何周も解き、復習して自分のモノにしていく努力をしました。

試験当日はとても緊張しましたが、先生のお言葉と今までの自分の努力のおかげで無事に合格することができました。

私が第一志望校に合格できたのは、よい刺激をくれるライバルと優しく丁寧に教えてくれる先生、そして家族のおかげです。本当にありがとうございました。

ページトップへ