「逃げ出したいときもあったけど」H.Aさん(都立日比谷高校 進学)

H.Aさん 都立日比谷高校 進学
併願合格高校:お茶の水女子大学附属高校、青山学院高等部、市川高校、国際基督教大学高校、栄東高校(東医)、明治大学付属明治高校
合格までの道は険しく、途中で逃げ出したくなるときもあると思いますが、努力し続ければ必ず報われます。

サピの先生はすごいです。数学が苦手な私がどのような勉強や戦略で受験に臨むか的確なアドバイスをくれ、理科の偏差値で連続30台を叩き出しても見捨てず、英語はこの1年間でより自信がつきました。国語ではやりがちなミスを見抜かれ、社会はお茶の水女子大附高を見据えて知識量に力を入れました。この1年間で、サピの先生すごい、って何回思ったことでしょうか。それくらいサピにお世話になりました。

しかし、勉強に集中できないとき、内申を気にして学校の勉強だけに力を入れ過ぎたときもありました。明大明治高の数学で毎回30点台をとるのが嫌になり、投げ出したこともあります。中でも、一番つらかったのは慶應女子高の不合格です。過去問を解くのはもちろん、講座や模試を受けていたので思い入れがあり、合格したかったです。なのに不合格。絶望でした。不合格のつらさで都立まで頑張れないと弱気になりました。そんな私を見た先生は、お茶の水女子大附高と日比谷高に私の気持ちを入れ替えてくれました。都立第一志望の人は、国私立の入試が終わるまで都立の対策に手を出せない人がほとんどです。私が日比谷高の過去問をしっかり解いたのは、お茶の水女子大附高の後からでした。解くとまず、時間配分で失敗しました。時間内にすべてを解き終えることが不可能でした。これまでの国私立とは違い、文章が長く、国語には作文があります。数学の証明は一問も解けませんでした。不安ながら、1週間、日比谷高のために勉強しました。

当日は、応援にきてくださった先生方の言葉や握手に、ついに日比谷高を受験するんだという実感が湧きました。しかし、試験中は諦めた問題もあります。受験は点数勝負、無理だと思ったら臨機応変に対応することが大切です。それでも数学で証明が解けたときは、努力が報われた気がしました。

こうして私は最高の笑顔で先生方に合格を報告できました。第一志望校合格まで導いてくださり、本当にありがとうございました。そして、後輩となる皆さん。きっと合格までの道は険しく、途中で逃げ出したくなるときもあると思いますが、努力し続ければ必ず報われます。

ページトップへ