千葉県公立高校 2018年前期 入学者選抜問題分析【速報】

前期

英語

千葉県公立高校 2018年前期 入学者選抜問題分析 傾向分析 英語

1 リスニング問題:小問数3

 対話を聞き、それに続く受け答えを選ぶ問題です。

2 リスニング問題:小問数2

 対話を聞き、内容に関する質問の答えを選ぶ問題です。情報を正確に聞き取る必要があります。

3 リスニング問題:小問数2

 放送された内容に関する質問の答えを選ぶ問題です。時刻や人物などで紛らわしい選択肢があるので注意が必要です。

4 リスニング問題:小問数4

 放送された内容に関連した単語のスペリングが問われます。基本的な語彙が身についていれば正解できます。

5 語形変化、並べかえ英作文:小問数5

 英文法の最も基本的な知識が問われました。(5)では、関係代名詞の省略を用いた、語順を間違えやすい英文が出題されました。

6 自由英作文:小問数1

 絵を見て、友人の質問に答える内容を20語程度で完成させる英作文です。正しい英文で簡潔に表現する力が必要です。

7 短文の読解(約390語):小問数6

 2つの短い文章を読み、それらの内容を解読する問題と、ポスターの内容を読み取る問題です。情報を素早く整理する力が必要です。

8 説明文の読解(約400語):小問数4

 増え続ける外国人観光客にどう対応するべきか、というテーマの文章です。本文の内容とグラフを一致させる問題があり、正確な読解力が必要です。

9 対話文の読解(約160語):小問数4

 英語の学習法に関する友人同士の対話を読み、空所に補うセリフを選択肢から選ぶ問題です。解答の根拠となる箇所を特定できるかがカギとなります。

数学

千葉県公立高校 2018年前期 入学者選抜問題分析 傾向分析 数学

1 計算小問

 例年通りの基本計算6問でした。ミスなく素早く解答したいところです。

2 小問集合

 (1)反比例の比例定数、(2)資料の整理、(3)投影図、(4)確率、(5)作図の出題でした。出題分野は例年通りですが、確率と作図の問題は、最近の千葉県公立校の前期入試のものと比べて、解きやすく感じた受験生が多かったと思われます。上位校を狙う場合、ミスは許されない大問でした。

3 二次関数

 二次関数と図形の融合問題でした。(2)は問題文を読み、図の中に線を書き加えていくことが求められるなど、最近の千葉県公立校の傾向通りの内容となっています。(2)②は関数の問題ですが、図形の面積比の問題としてとらえることができれば正解できたでしょう。

4 平面図形

 平面図形の証明問題と、長さを求める問題でした。証明は、例年より誘導が丁寧なため、書きやすく感じた受験生が多かったと思われます。(2)は、直角三角形の外心の知識がない受験生は、問われ方に戸惑ったかもしれません。

5 規則性

 紙を並べる規則性の問題でした。(2)までは丁寧に数えることで、(3)は整数の総和の知識で対応できるため、ここまではしっかり得点したいところです。(4)は「白紙と青紙のどちらの枚数が求めやすいか」の検証がポイントでした。

国語

千葉県公立高校 2018年前期 入学者選抜問題分析 傾向分析 国語

1 放送による聞き取りテスト

 中学生が作った詩とそれについての会話、およびそれらに関する問いが放送されました。メモを取りながら解いていくことがポイントです。

2 漢字の読み取り

 標準的な難度の問題でしたが、日常生活では馴染みの薄い言葉も含まれていました。

3 漢字の書き取り

 標準レベルの問題でした。例年同様四字熟語が問われていることには注意が必要です。

4 国語に関する知識・表現

 インタビューの様子を描いた文章を読んで設問に答えるという形式でした。敬語、文法、ことわざの知識が問われました。

5 神津十月『あなたの弱さは幸せの力になる』

 語彙の減少と、そこから生じる問題について述べた文章が出題されました。短時間で筆者の主張を読み取りながら、的確に答えていく必要がありました。

6 冲方丁『光圀伝』

 水戸光圀の幼少期を描いた小説文が出題されました。心情変化の理由をおさえつつ読むことが求められました。前書きを把握しておくことが文章の理解につながりました。

7 『孔雀樓筆記』

 芸術や学問に対する心構えについて述べた古文が出題されました。文章の主旨を正しく把握することが求められました。

8 作文

 2つの資料を見比べ、そこから考えたことについて述べる問題でした。資料から受ける印象の違いを短時間で文章にまとめることが求められました。

理科

千葉県公立高校 2018年前期 入学者選抜問題分析 傾向分析 理科

1 小問集合(物理、化学、生物、地学)

 各分野の小問集合で、基本的な知識を確認する内容でした。

2 光(物理)

 光の進み方に関する典型問題です。取りこぼしは避けたい大問です。

3 細胞(生物)

 生物の分類や、細胞とそのはたらきについての問題です。(1)(2)は基礎知識ではあるものの、あまり見慣れない問題でした。

4 火山(地学)

 火山についての基礎知識を確かめる問題でした。(4)のみ、やや間違えやすい内容でした。

5 溶解度(化学)

 溶解度と実験操作がテーマでした。問題文がやや長く、注意深く解き進める必要がありました。

6 生態系(生物)

 生態系に関する基礎知識の問題と記述問題でした。記述問題では、必要となる要素を盛り込み、指定された字数や前後の文章のつながりを考慮する表現力が求められました。

7 力(物理)

 斜面上ではたらく力とばねについての問題でした。(3)(b)は、やや思考力を要する問題でした。

8 化学変化(化学)

 電池を題材にした化学変化の問題でした。(2)でやや細かな知識が問われましたが類推することが可能で、全体としては平易な内容でした。

9 天気(地学)

 天気図や湿度についての問題でした。(1)で見慣れない知識問題が出されましたが、ほかは典型的な問題でした。

社会

千葉県公立高校 2018年前期 入学者選抜問題分析 傾向分析 社会

1 総合問題

 例年通り、千葉県に関する文章を題材とした地理・歴史・公民の基本問題が出されました。

2 日本地理

 地形図の読み取りでは特に面積を求める問題で解法を工夫する必要があり、単に計算で求めようとした受験生は苦労したようです。

3 世界地理

 第一次世界大戦開戦時のアフリカにおける独立国を答えるものでは世界の主な国々に関する正確な理解が求められました。

4 前近代史

 江戸時代の教育に関する記述問題は前後に正確につながるように書かなければならず、一見簡単そうに見えてまとめるのが困難なものでした。

5 近・現代史

 絵画の作者を答える問題は絵に見覚えがなくとも、その時代から正答を導くことが可能でした。恒例の年代並べ替え問題では東京オリンピック周辺の現代史が問われました。

6 経済

 財政・社会保障に関する定番とも言える問題でした。資料の読み取りでは数字の増減をしっかり見極める必要がありました。

7 政治

 憲法改正手続きや選挙のしくみなど最近の社会情勢に関連する問題でした。また、衆議院の優越に関する記述は千葉県公立校でよく出される憲法条文に基づく出題でした。

8 国際社会

 貿易に関する基本問題でした。経済連携協定をTPPと混同している人が多かったようです。

ページトップへ