ようこそ校舎へ! 荻窪校

トップを目指せる塾であれ

閑静な住宅地として知られる一方、杉並区きっての商業地域としての顔も持つ荻窪。JR中央線・総武線のほか、東京メトロ東西線・丸ノ内線が乗り入れる荻窪駅周辺には多くの店舗やビルが林立し、活気にあふれています。SAPIX中学部荻窪校は、その荻窪駅北口から徒歩5分という便利な場所にあります。

「この地域の特徴の一つは、都立難関校への関心が高いことです。近くには西高がありますし、日比谷高にも丸ノ内線一本で行けるため、両校を目指して荻窪校に通う生徒は少なくありません」と語るのは、室長の若松一彦先生です。

また、荻窪は都心へのアクセスがよく、都内の多くの学校に通いやすいという利点があります。受験や教育に関する情報に敏感な生徒や保護者の方が多いことも大きな特徴です。

そうした志向を持つ生徒を指導するにあたって、荻窪校では“トップを目指せる塾であれ”というスローガンを掲げています。そこには「生徒が一番行きたい学校に合格できるよう、一人ひとりをしっかりサポートしていこう」というスタッフ全員の熱い思いが込められています。

「例えば、都立校志望者に対しては理・社が重要であるということを校舎全体で共有し、理・社を重点的に指導するようにしています。また、都立校志望であれ、国立・私立校志望であれ、大切なのは自分で勉強する習慣を身につけることです。そのため、自分で課題を見つけ、自ら勉強していく姿勢を早い段階から身につけられるような指導を心がけています」

指導の根底にあるのは信頼関係

入試までは長丁場です。誰しも途中で“きつく”なり、気を緩めたり、手を抜きたくなったりします。しかし、自分がきつい状態にあることは、周りにはなかなか打ち明けにくいものです。もし、生徒がそうした状態のままでいたら、成績が下がり始めるのは必至。場合によっては、志望校を自己判断で変えてしまうということも考えられます。

「だからこそ、生徒をしっかりと見つめ、励ますことが大切なのです」と若松先生。荻窪校ではスタッフ全員で生徒の様子に細かく目を配り、課題に対して手を抜き始めたなど、「きつくなりだした」という微妙なサインを見逃さないようにするとともに、対話によって一人ひとりの状態を正しく把握することを心がけています。

「テストを返すときは生徒と必ず話し合い、『今回の反省点』とそれに対する『解決策』、さらには『新たな目標』を設定し、お互いに確認し合います。テストの返却時だけでなく、遅刻が多くなったときなど、さまざまな機会をとらえて、生徒との話し合いの場を設けています。生徒と話していると本音がどんどん出てきて、お互いの距離が縮まり、信頼感が深まっていきます。生徒を指導するうえで一番大切なのは、実はこうした信頼関係を築くことだと考えています」

生徒とのコミュニケーションを大切にし、一人ひとりをきめ細かくサポートするという指導で、荻窪校では都立西高・日比谷高をはじめ、筑駒高や開成高、早大学院といった難関校の合格実績を積み上げてきました。

「多くの塾が軒を並べる荻窪でSAPIX中学部を選んでいただいたのは、合格実績はもとより、私たちの指導方針に共感してくださったからだと思っています。そのご期待に添えるよう、今後も全力で生徒をサポートしていきます」と若松先生は力強く結びました。

SAPIX中学部 荻窪校 校舎情報

対 象小5生 小6生 中1生 中2生 中3生
所在地〒167-0043
東京都杉並区上荻1-16-14 武蔵館ビル 5F Googleマップで見る
電 話03-3391-7121
交 通JR中央線・東京メトロ丸の内線 荻窪駅徒歩3分
校舎地図

資料のご請求はこちら 校舎一覧はこちら

ページトップへ