ようこそ校舎へ! 柏校

都内の高校の情報提供も強み

「かつては千葉県の柏、我孫子、流山、野田あたりが主な通塾圏でしたが、つくばエクスプレスが開業して以降、茨城県の守谷やつくばから通ってくる生徒が増えました。それとは別に、水戸から特急で通う生徒もいます」と、柏校の地域性について話すのは室長の宮山広幸先生です。

広いエリアから柏校に生徒が集まってくるのは、第一にその合格実績が信頼につながっているからでしょう。それに加え、宮山先生は「SAPIXには、地元の塾にはない強みがあることも評価されていると感じています」とも語ります。

例えば、柏周辺で県立難関校を狙う場合、東葛飾高や柏高、小金高、船橋高が候補に挙がります。これらの高校についてなら地元の塾でも受験生に情報を提供することは可能です。しかし、都内などの国私立進学校や早慶高に関してはどうでしょうか。進学実績が少なければ、的確なアドバイスを提供することは難しいでしょう。しかし、それらの高校に高い進学実績を残すSAPIXには豊富な情報と経験が蓄積されているため、受験生をきめ細かくサポートすることができるのです。

「当初は『地元周辺の県立校に進学できれば』と入室した生徒でも、こんな高校もあるんだよと、柏周辺からでも通学可能な筑波大附高やお茶の水女子大附高、開成高、早慶高などを紹介すると、世界が広がるのか、それらの高校を目標に掲げ、見事に合格する生徒も少なくありません。高校時代に生徒の可能性が一層広がることも期待できるため、そうした学校に生徒を送り出すことは、私たちにとっても大きなやりがいや喜びになっています」

OB・OGをよいお手本に

生徒の進学に対するモチベーションを高めるため、宮山先生が実践していることがあります。それは柏校OB・OGに体験談を話してもらうことです。

「よいお手本をできるだけ身近に感じさせるのがその狙いです。自分の通っている中学校のOB・OGであるからか、『あの先輩に続こう』と、受験勉強に身を入れるきっかけになる生徒も少なくありません」

宮山先生らがOB・OGにお願いすると、「自分も先輩の話が役立ったから」と誰もが快諾してくれるとのこと。志望校合格に向けて、柏校では先輩から後輩への理想的なバトンの受け渡しが実現しているようです。

ところで、高校受験のための塾というと、一般的には高校合格が目標になるでしょう。宮山先生は当然それも目指していますが、「本質的にはその先を見据えて指導しています」と言います。

「高校に入学するためだけなら“知識”があれば何とかなります。しかし、社会に出てからは“知恵”がなければその荒波を乗り越えられません。そこで、私は知恵の元になる教養の側面を重視して授業を行い、“知識の知恵化”を促進しています。通塾する生徒一人ひとりが知恵と教養を備え、自分の意見をしっかり言えるような人になってほしいのです」

記者が「宮山先生は受験勉強を通じて大人を育てようとしているようですね」と尋ねると、「そうです」ときっぱり。その信念に揺るぎはないようです。

「生徒一人ひとりに目が行き届くクラスでの授業を通じて、今後も生徒に寄り添う姿勢で指導していきたいですね」

SAPIX中学部 柏校 校舎情報

対 象小6生 中1生 中2生 中3生
所在地〒277-0841
千葉県柏市あけぼの1-8-25 Googleマップで見る
電 話04-7140-1211
交 通JR常磐線・東武野田線 柏駅西口より徒歩4分
校舎地図

資料のご請求はこちら 校舎一覧はこちら

ページトップへ