「受験を終えて」青山学院高等部 進学 K.Nさん 保護者様より

青山学院高等部 進学 K.Nさん 保護者様より
中学校を卒業することよりも、SAPIXを卒業するほうが寂しいと言った娘。こんなにもSAPIXを好きになってくれて、3年間と半年、通わせた甲斐がありました。

娘は、周りの友だちが中学受験の追い込みをかけている真最中に、すでに気持ちの中で高校受験への準備を始めていたようです。

中学受験を勧める私たちの話に耳を傾けることもなく、都立校受験に向けて頑張るんだ、と言い張る娘に、SAPIXの入室テストを受けさせたのは小6の夏でした。

あれから3年と半年が過ぎ、終わってみれば娘は、都立への出願はしたものの、受験することなく青山学院高等部へ進学することになりました。あれほど、都立志望で頑なだった娘に、もっといろいろな学校を見たほうが良いとアドバイスしてくださった先生方のおかげで、併願校の見学に行くようになったのは中3の夏を過ぎた頃でした。

数学が苦手な娘に自習をしに来るように声かけしてくださったり、受験に対して欲のない娘をチャレンジ受験してみようと思う気持ちにさせてくださったりしたSAPIXの先生方の適切なアドバイスがあったからこそ、娘の受験先は当初の都立から、早大本庄学院、慶應女子高、青山学院高へと様変わりし、毎日のように自習をしにSAPIXへ通い、遅くまで頑張っていました。

迎えた入試本番。雪のちらつく中、先生と握手をし、試験会場へ。試験終了まで待っている間の落ち着かない時間はとても長く感じられました。

結果、早大本庄学院、慶應女子高は苦手な数学が足を引っ張ったのか不合格、青山学院高にも番号がなく、補欠者番号の中に娘の受験番号はありました。

それからの娘の落ち込みようは見ていられないほどでした。3年半の塾の費用を無駄にしたと泣く娘に、「そんなことないよ、充分頑張ったよ」と声をかけるのが精一杯でした。

そんなメンタルの状態で出願することにした広尾学園。次の日、面接の準備もままならない娘は不安を抱えつつ受験を終えました。夕方、合格発表のページを開き、合格の文字を見たときは、心から安心できたのを覚えています。

SAPIXに結果の報告をするとき、ダメでした、と申し訳なさそうに話す娘の姿には胸が痛み、たとえ第一志望ではなくても合格の報告ができたのは、うれしかったです。

気を取り直して都立受験に向けて勉強する最中、青山学院高から繰り上げ合格の連絡がかかってきて、娘の受験は終わりを迎えることとなりました。

終わってみると、自宅から近い都立高を受験することはなく、第一志望に途中から変わった青山学院高に進学できることになり、SAPIXで出会った友人とともに通えることに、今からワクワクしている娘を見ていると、人生はどうなるか分からないなぁとつくづく思います。

中学校を卒業することよりも、SAPIXを卒業するほうが寂しいと言った娘。こんなにもSAPIXを好きになってくれて、3年間と半年、通わせた甲斐がありました。

先生方、娘を合格へ導いてくださり本当に感謝しております。長い間本当にお世話になり、有り難うございました。

2017年・28期生 高校受験 保護者体験記 一覧

ページトップへ