「有言実行」筑波大学附属駒場高校 進学 H.Hくん 保護者様より

筑波大学附属駒場高校 進学 H.Hくん 保護者様より
受験にあたり心がけていたことが二つあります。一つ目は、家ではリラックスできる環境を作ること。そして、二つ目はネガティブワードの禁止と志望校について宣言させることです。

息子が筑駒を第一志望にしたのは、中1のときでした。当初は通塾することは考えていなかったため、某通信教育と親子で吟味した問題集を用いた自主学習を行っていました。中3の1年間を受験対策に使いたかったので、3年分の範囲を中2までに終了させることを目標に取り組んでいました。転機が訪れたのは、娘が高校受験を終えたときでした。娘は自主学習と他塾で9月から開講された週1回の進学指導重点校対策のみで受験に臨んだため、特に英語の成績が振るわず、最後まで苦労したようです。「せめて英語だけでも1年間塾に通わせてあげて」との娘の願いと、息子の筑駒に受かりたいとの強い気持ちを受けて、中3が開講する3月から通塾させることを決めました。SAPIXを選んだのは、筑駒に一番近い塾だと息子が考えたからです。

実際に通塾して気づいたのですが、いくら自主学習で3年間の全範囲を終わらせていたからと言って、塾での指導には到底及ばず、入室当初は宿題をこなすだけでも相当時間がかかっていました。さらに、全科目とも同じクラスで授業とは知らなかったため、クラス分けテストで成績が極端に低かった英語は授業についていけるのかとても心配しました。幸い、先生には大丈夫ですよとおっしゃっていただけて、当の息子もなんとか授業についていくことができていたのでほっとしました。

受験にあたり心がけていたことが二つあります。一つ目は、家ではリラックスできる環境を作ること。保護者会に参加して、先生方の熱意を感じ、子供たちを良い意味で追い込んでくださっていることがわかりました。ただ、息子はとてもマイペースなところがあるので、SAPIXでかなりのプレッシャーを与えられたら潰れてしまうのではないかと、本当に心配になりました。親としてできることは、安心感を持たせることだと考え、勉強に関することはすべて息子に任せ、口出しは一切しませんでした。そして、二つ目はネガティブワードの禁止と志望校について宣言させることです。たとえば、テストの結果が悪かったときには、「もうダメだ」と思ってしまいがちですが、実際、口に出してしまうと、気持ちもそのままダメな方へ向かってしまうので、あえてポジティブワードを言わせるようにしていました。また、志望校についても、つい「筑駒に行きたい」などと願望で言ってしまいがちですが、より現実味を感じられるよう「筑駒に受かります」と宣言させていました。本人も無理やり宣言させられたことで、自分を省みて新たな決意にしていたようでした。ちなみに、合格祈願の絵馬には「全勝」と書いていました。

こうした心がけをしていましたが、最初の受験校の渋谷幕張高に合格したときは、本当に良かったと思いました。これではずみがついたのか、開成高、筑駒高と続けて合格をいただくことができました。これは、息子が頑張ったことはもちろんですが、互いに高め合うことのできる良いクラスメイトと、素晴らしい先生方に恵まれたからだと思います。こんなにも良い環境で1年間を過ごせたSAPIXに感謝しています。本当にありがとうございました。

2017年・28期生 高校受験 保護者体験記 一覧

ページトップへ