「サピックスからいただいた勝利」開成高校 進学 A.Tくん 保護者様より

開成高校 進学 A.Tくん 保護者様より
合格発表の日「番号があった!」と言われ、番号を確認した際には、今までの出来事が一気にあれこれ思い出され、涙が出てしまいました。

小6のとき、開成中学入試の終了直後、笑顔で私に駆け寄り、言いました。「ママ、めっちゃ難しかったよ。でも、やっぱり俺、勉強好きだわ!」。しかし、結果は不合格。西日暮里駅近くの公園で、いつまでも涙を流していました。

それ以来、私は、何としても息子に開成高校に入学してもらいたいと思い、メソッドがある、というコピーや実績を拝見し、SAPIXを選びました。

元々、ゲームや外遊びが大好きで、勉強と遊びの時間のやりくりがいつも大変でした。そして、ついに、中2の秋頃、本人から「塾を辞めたい」との申し出が。理由を聞くと「僕は小3からずっと塾に通い、勉強ばかりしてきた。もっと遊びたい。勉強して何か良いことはあるのか」と言うことでした。私は考え、そんなに勉強がつらいならば、一回休んでみては、と提案しました。室長先生に伝えたところ、「数学だけ出てみるなどしながら、2ヵ月間位までなら休んでみたら」と言っていただけました。中2の秋なので少々心配でしたが、室長先生と本人とを信じて、とことん遊ばせました。もし室長先生がいらっしゃらなければ、私はストレスと不安とで具合が悪くなっていたかもしれません。親子で喧嘩をした際も、いつも室長先生に愚痴を聞いていただきました。本当に感謝しております。

やがて本人も気が済んだのか、気持ちが切り替わり、本格的に受験勉強に取り組むようになりました。しかし休んだ代償は大きく、成績はあまり芳しくありませんでした。予想外に英語の得点が上がらず、最後まで苦戦しておりましたが、SS特訓や正月特訓で、とても親身に教えていただきました。

最後の開成高入試プレでも順位は特別良くも悪くもなく、微妙な順位でしたが、最後まで過去問を何年分も解き、部屋やトイレの壁に単語の活用表を貼り、諦めませんでした。

入試当日は、緊張のあまり数学の作図は手汗がひどく、定規が滑ってかなりの時間を要してしまったり、全く解けなかった問題も、帰宅して解き直したところ簡単だったということが判明したり。発表までの2日間は、つらく重い時間がより長く感じられました。

合格発表の日「番号があった!」と言われ、番号を確認した際には、今までの出来事が一気にあれこれ思い出され、涙が出てしまいました。

その他に5校から合格をいただき、本人にとって非常に大きな自信となったと思います。SAPIXでお世話にならなければ、開成高校の合格はなかったと思います。

春から笑顔で、誇りを持って高校に通ってもらいたいと思います。学問だけではなく、感謝をする心も忘れずにいてもらいたいです。本当に有難うございました。

2017年・28期生 高校受験 保護者体験記 一覧

ページトップへ