「自分を信じて!」Y.Iくん 東京学芸大学附属高校 進学

Y.Iくん 東京学芸大学附属高校 進学
ここまで自分を導いてくれたSAPIXの先生方、いつもそばで見守ってくれていた家族の皆に感謝したいです。一人だけでは絶対に成し遂げることはできない合格でした。本当にありがとうございました。

僕は中1の夏からSAPIXに通い、このときから考えていた学芸大附高への合格に向けて勉強を始めました。

最初の頃は学校もSAPIXの勉強もあまり難しくなくて、部活にも毎日取り組み充実した生活を送っていました。そして成績もテストを重ねるごとに伸びていったので、この調子でいけば楽勝かもしれないと思っていました。

しかし、現実はそう甘くはありませんでした。中2の後期のSAPIXのテストで、特に苦手だった英語が壊滅的で、ひどい結果でした。その後中3になっても得意だった数学と理科以外は成績が伸びず、よく成績表がカシオペア座のような形になっていました。さすがにこのままではまずいということで、中3の夏からは授業後に自習をしたり、先生に電話帳※を見てもらったりして、SAPIXを有効活用していきました。また、学芸大附高は基礎が大事なので、英語は先生に勧められた『Grammar Pass』や『Review Series』、社会は『ASSIST』の分野別のテキストにそれぞれ取り組み、国語は漢字や古文、文法の知識といった土台となる部分を抜けがないように完璧にしていきました。そしてその成果もあったのか、学芸大附高の過去問も普通に解くことができ、実力がついてきたと思いました。

本番では、今までどおりに解けば大丈夫と自分を信じて臨みました。受験を終えたあとから翌日の合格発表まで少し不安もあったので胃が痛かったのですが、無事合格しました。本当に嬉しかったです。

そして、最後にここまで自分を導いてくれたSAPIXの先生方、いつもそばで見守ってくれていた家族の皆に感謝したいです。一人だけでは絶対に成し遂げることはできない合格でした。本当にありがとうございました。

※電話帳…問題集『全国高校入試問題正解』

2017年・28期生 高校受験 合格体験記 一覧

ページトップへ