「SAPIXに従え!!」Y.Hくん 慶應義塾高校 進学

Y.Hくん 慶應義塾高校 進学
併願合格高校:早稲田大学高等学院、早稲田大学本庄高等学院、栄東高校
携帯電話・ゲームも含め、遊びや趣味などを我慢すればするほど、合格の喜びは大きく、忘れられないものになります。合格への執着を絶対に忘れないでください!!

野球部との両立もうまくいかず、ひたすら授業と宿題をさぼり続けた僕の英語の偏差値は、中3の夏休み前にもかかわらず40まで下がっていました。第一志望校の慶應義塾高とは程遠い成績に絶望し、諦めかけていた僕に、SAPIXの先生は、「まだ大丈夫。早慶は英語で勝負だから、英語を鍛えよう」とアドバイスをくれました。先生の言葉を信じ、夏休みの勉強をすべて英文法の基礎固めに費やしました。すべてのテキストを解き直しましたが、長文にはあまり取り組みませんでした。長文慣れしていなかったこともあり、夏休み明けのサピックスオープンではあまり成果が出ませんでした。基礎固めもひと段落し、過去問を一日につき3年分解き続けたのに、11月のテストの3科目の偏差値は53くらいでした。それでも毎日長文を読み、丁寧に直すことを欠かさなかったことで、その後は英語の偏差値が急に伸びました。こうして英語を得点源とし、無事受験を全勝で終えることができました。

3年間という短い受験生活を最高のかたちで終えることができたのには、二つの理由がありました。それは、SAPIXという強力な味方がいたこと、そして欲求を断ち切ったことです。これから受験を迎える皆さんは、SAPIXに入ったからには、先生に従ってください。先生の言う通りにしていれば、必ず、自分が思い描くより遥か上のレベルの高校へと導いてもらえます。ときには厳しい指導もありますが、合格すれば言葉に言い表せないほどの喜びを得ることができます。携帯電話・ゲームも含め、遊びや趣味などを我慢すればするほど、合格の喜びは大きく、忘れられないものになります。合格への執着を絶対に忘れないでください!!

三年間さぼりがちなときがあった僕を最後まで信じ、上のクラスに留めてくださったこと、そして最高の授業で受験勉強を楽しいものにしてくださったことは、絶対に忘れません。先生方、ありがとうございました。

2017年・28期生 高校受験 合格体験記 一覧

ページトップへ