「合格への転機」S.Sくん 慶應義塾高校 進学

S.Sくん 慶應義塾高校 進学
併願合格高校:慶應義塾志木高校、立教新座高校
自分たちが当事者意識を持って取り組むことが大事だと思います。自分で考え、自分で実践してください。その先に合格が待っています。

僕がSAPIXに入ったのは3年前、まだ小学6年生のときでした。何も分からないまま親に入室テストを受けさせられて入室したのですが、今ではSAPIXに入ることができて本当によかったと思っています。父親が慶應出身ということもあり、自分も慶應に入りたいという気持ちは、入室当初からありました。しかし、中学1、2年のときは、口では慶應を目指すと言いながら、勉強に腰が入らず、ただ宿題をこなすだけという状況でした。

そんな僕にとって大きな転機となったのは、早慶出身者が登壇する「SAPIXフォーラム」に行ったことでした。実際に早慶高を卒業した方々の話している姿はとても輝いて見え、自分もああなりたいという気持ちが沸々と湧いてきました。勉強への取り組み方が変わったのはそのときからです。家庭での学習では、ただ宿題をやるだけでなく、今自分がすべきことは何なのかを考え、実践するようになりました。勉強をすればするほど分かるものが増えていくのを感じ、前にあまり好きではなかった勉強がどんどんおもしろくなっていきました。そのおかげで、模試の成績も安定し始め、高いモチベーションのまま受験まで突っ走ることができたのです。

そして入試本番。僕は、慶應義塾高を受ける前に3校受験をしましたが、全く緊張しませんでした。しかし、慶應義塾高だけは違いました。前日の夜もあまり眠れず、緊張しながら会場に行くと、そこにはSAPIXの先生がいらっしゃいました。すると安心したのか、それまでの緊張が嘘のように吹っ飛び、いつもの通りにテストを受けることができたのです。

SAPIXの先生は、生徒を高めてくれる最高の方々です。しかし、受験で成功するにはそれだけでは足りません。自分たちが当事者意識を持って取り組むことが大事だと思います。自分で考え、自分で実践してください。その先に合格が待っています。

2017年・28期生 高校受験 合格体験記 一覧

ページトップへ