「努力は報われる」R.Sくん 筑波大学附属駒場高校 進学

R.Sくん 筑波大学附属駒場高校 進学
併願合格高校:開成高校、慶應義塾志木高校
勉強だけでなく、努力する大切さを教えてくれたSAPIXの先生方にはとても感謝しています。本当にありがとうございました。

私は、中学1年生のときにSAPIXに入りました。当時は算数が数学に替わったり、今まで習ったことのない英語が始まったりと、さまざまなものが変わり勉強についていけるのかとても不安でした。しかし、毎日の宿題、特に英語の勉強をきちんと継続していると徐々にいろいろなことができるようになり、テストの結果もよくなっていきました。ところがそれで安心してしまい、だんだんと宿題を適当にこなすようになってしまったのです。それでもテストの結果はそれほど悪くはなりませんでした。

自分の状況の悪さに気づいたのは、中3の初めの頃でした。きっかけはSS(サンデー・サピックス)特訓筑駒理社クラスで、自分と同じ学校を目指す人たちの姿を見たことです。彼らは頭がよく、本当によく努力をしていました。私は、いかに自分の努力が足りないかを痛感したのです。

本格的に勉強に力を入れ始めたのは、夏期講習からでした。講習が始まってからは、授業後ずっとSAPIXに残って勉強しました。勉強量の少なかった自分には、つらいことでしたが、講習が終わる頃には、勉強することが苦ではなくなり、志望校対策も始めることができました。

過去問演習では当初、時間制限のなかで解ききることができず、数学の記述問題などでも苦戦しました。学校別入試プレの結果も満足できるものではなく、投げやりな気持ちになった時期もありました。しかし、先生方がとても熱心に私のできないところを補強し、分かりやすく教えてくださり、それらを必死で頭に入れたことで入試直前には何とか仕上げることができました。受験会場では、少し緊張し、多少のケアレスミスがあったものの、いつも通りの自分の力を引き出すことができたと思います。そして受けた学校は無事、すべて合格しました。

勉強だけでなく、努力する大切さを教えてくれたSAPIXの先生方にはとても感謝しています。本当にありがとうございました。

2017年・28期生 高校受験 合格体験記 一覧

ページトップへ