「あっという間の受験生活」K.Kくん 早稲田大学本庄高等学院 進学

K.Kくん 早稲田大学本庄高等学院 進学
併願合格高校:専修大学松戸高校(A)、立教新座高校
皆さんに心がけてほしいことが二つあります。一つは目標を高く持つことです。目標が低ければその程度で成長は止まってしまいます。とにかく目標を高く持つことが大切です。二つ目は、ここに行きたいという気持ちを強く持つことです。

今思うと、受験はあっという間に終わりました。SAPIXでの勉強は中1の夏期講習から始まりました。そのときの入室テストが下から数えて3番目の順位という、壊滅的な学力でした。doとdoesの使い分けが分からず英語が嫌になったり、習うものほとんどが未知のものであった数学もわけが分からず、宿題をしなかったりするほど、勉強に対する意識は低いものでした。

中3で部活を引退するまでなんとなく勉強をする日々が続いていましたが、夏休みに入り勉強モードに切り替わりました。夏休みは電話帳※に取り組むことをメインに勉強し、英語では文章中に出てきた分からない単語を調べ、ノートにまとめることを意識しました。また、秋頃から過去問に取り組むにあたり、音読するようにしました。英語の問題を解く、解説を見る、音読しながら文を読んで確認する。これを繰り返すことで、文章を読むスピードが上がったり、文章を理解できるようになったりし、英語で足を引っ張ることがなくなりました。

皆さんに心がけてほしいことが二つあります。一つは目標を高く持つことです。目標が低ければその程度で成長は止まってしまいます。とにかく目標を高く持つことが大切です。二つ目は、ここに行きたいという気持ちを強く持つことです。やはり、「ここでいいや」という気持ちでは受かりません。私は3年間、一度も上のクラスへいけませんでした。しかし、この学校に合格できたのは、「ここがいい」という気持ちが伝わったからだと思います。

最後に一つアドバイス。受験は皆さんが想像するよりも、意外とあっけないものです。受験が近くなれば自然とやる気が出ると思っていたら大間違いです。やる気は自分で出すものです。皆さんもやる気を自ら出して頑張ってください。

※電話帳…問題集『全国高校入試問題正解』

2017年・28期生 高校受験 合格体験記 一覧

ページトップへ