「キミシダイ受験」E.Tくん 都立日比谷高校 進学

E.Tくん 都立日比谷高校 進学
併願合格高校:東京学芸大学附属高校、栄東高校、渋谷教育学園幕張高校、西大和学園高校
勉強は自分を裏切りません。つまり、すべてはあなた次第です。行きたい高校に合格できるよう、頑張ってください。

私は中2の春に、ニューヨークのロングアイランドにあるSAPIXの提携塾に通い始めました。そこでは日本のサピとは異なり、好きな科目だけを取るシステムだったので、最初は数学だけ、12月頃から国語と理科を始めました。そして、中3の4月下旬に帰国し、GS(ゴールデンウィーク・サピックス)特訓から日本の5科目の勉強を始めました。

私は小5の頃に渡米し、平日は現地校、土曜日に日本人学校に通っていました。しかし、サッカーの試合が土曜日と重なり、中2のほとんどは通えず仕舞い。そうしたこともありGS特訓初日の時点で私の理社は壊滅的でしたが、そこから一念発起して第一志望の都立に素内申37で合格、併願した私立に5科目で合格することができました。そんな私からのアドバイスは二つです。

まずは、夏休みに全力で頑張るということです。時間はたくさんあるので、中1、2の範囲で不安なところをしっかりと復習しましょう。私の場合、復習ではなく初めてやるものが多く、とても大変でした。とにかくサピのテキストなどを読み、最低限の理社の知識を詰め込みました。夏はサピや学校の宿題が多いですが、それをこなすだけで満足せず、自分に足りないものを埋め、とにかく勉強しましょう。

もう一つは、模試の結果に一喜一憂しないことです。サピックスオープンの結果はあくまでも目安で、肝心なのは本番です。結果を気にしなくていいというわけではありませんが、入試での出題と模試の内容がぴったり一致することは少ないです。模試の結果がどうであれ、最後まで向上心を持って頑張りましょう。

最後に、後輩の皆さん、SAPIXにはすばらしい先生、仲間、環境、テキストなどたくさんのものが揃っていますが、それらをいかに自分のものにしていくかが重要です。勉強は自分を裏切りません。つまり、すべてはあなた次第です。行きたい高校に合格できるよう、頑張ってください。

2017年・28期生 高校受験 合格体験記 一覧

ページトップへ