「諦めなければ大丈夫」D.Kくん 中央大学杉並高校 進学

D.Kくん 中央大学杉並高校 進学
併願合格高校:東海大学付属浦安高校、明治大学付属中野高校、立教新座高校
「よく頑張ったね」と言われて、今まで諦めずにやってきてよかったと思いました。自分の手で、合格を掴みとることができました。

僕は中学生になって初めて、塾に入る決意をしました。初めて入る塾となったのがSAPIXでした。入室テストでは小学校までの勉強内容とは一転してとても難しく感じました。SAPIXに入ることになったときは、ついていけるのかとても心配でした。しかし、実際に受けてみると、どの先生の授業もとても楽しくて、分かりやすかったです。あまり家で自主的に勉強することがなかったのですが、SAPIXはとても楽しく、勉強にもやる気が出るようになりました。

SAPIXに入ってから最初のテストで、僕は初めて「偏差値」というものを知りました。結果は鮮明には覚えていませんが、とても低かったことは覚えています。もとから勉強はあまりできるほうではなかったため、自分の実力がどれほどのものか分かり、かえって成績が上がるように頑張ろうと思いました。

部活に入り、なかなか授業に参加できなかった中3の夏に、授業にしっかり出ている人との差が、テストの結果となってはっきりと出てしまいました。思うように学力が伸びずにとても困っていましたが、先生と話すことで落ち着くことができました。中3の9月頃から、今までの後れた分を取り戻すために一生懸命勉強しました。部活がやっと終わったのは10月末で、もう受験まであと少しでした。しかし、諦めずに勉強を続けました。

1月、1校目の受験で合格を手にして、本番の2月に向けてラストスパートをかけ猛勉強しました。授業が終わってからも、毎日SAPIXに自習をしに行きました。2月の中旬、すべての受験が終わりました。行きたい学校にも合格することができ、SAPIXの先生にも「よく頑張ったね」と言われて、今まで諦めずにやってきてよかったと思いました。SAPIXのおかげで、自分の手で合格を掴みとることができました。

2017年・28期生 高校受験 合格体験記 一覧

ページトップへ