[3/20] 「高校入試分析会2017 志望校別データ分析(開成・筑駒高)」を実施しました。

セミナー風景

3月20日(月・祝)、代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワーにて、「高校入試分析会2017(開成・筑駒高)」を開催しました。

2017年入試では、慶應義塾高の入試日程の変更によって開成・筑駒高の入試がどう影響を受けるかが注目されました。講演ではまず、SAPIX生の志願状況や入試結果などから、その影響について分析。続いて開成・筑駒高の入試概況のほか、サピックスオープン受験者の成績データを基に両校の併願状況、差がついた科目などの詳細な情報もお伝えしました。5科受験の男子トップ層の総合力を試すに足る入試問題が出題される両校ですが、傾向はそれぞれに異なります。今年実際に出題された問題例を示しながら、その対策や具体的な勉強方法を紹介し、激励の言葉とともに締めくくりました。

注目の入試トピックから詳細なデータ分析まで、これから受験を迎える参加者の皆さんにとって有用な情報が満載の講演となりました。

参加者の声

  • ポイントが押さえられていて非常に分かりやすかったです。子どものモチベーションを上げる内容もあり、一緒に参加すればよかったと思いました。(中3・保護者)
  • 僕は開成・筑駒高を志望していますが、合格するためにどのように勉強すればよいのか分かり、プラスになりました。一生懸命勉強して合格したいという思いが強まりました。(中1)
  • 開成・筑駒高の問題分析を細かく、正確に知ることができ、この説明会に参加してよかったと思いました。合格を勝ち取るまでの精神力は相当なものが必要ということが想像できました。(中2・保護者)
  • 問題分析はもちろんですが、合格した生徒さんのお話がとても心に残りました。息子にも、覚悟を決めるときが来てほしいと思いました。(中2・保護者)
ページトップへ