千葉県公立高校 2017前期選抜問題分析【速報】

前期

英語

千葉県公立高校(前期) 傾向分析 英語

1 リスニング問題:小問数2

短い対話を聞き、それに続く正しい受け答えを選ぶ問題でした。

2 リスニング問題:小問数2

対話と文章を聞き、内容に関する質問に絵を選んで答える問題でした。例年出題されているので、十分な対策を立てておきましょう。

3 リスニング問題:小問数3

対話と文章を聞き、内容に関する質問の答えを選ぶ問題でした。時刻など細部が問われるものと、文章の大意が問われるものがあります。

4 リスニング問題:小問数4

放送された単語のスペリングが問われます。基本的な単語でしたが、Saturdayやrestaurantなど間違えやすいものがあり、注意が必要です。

5 語形変化、並べかえ英作文:小問数5

(2)ではspeakの名詞形speechが問われ、(3)では関係代名詞whichを省略した英文が出題されました。

6 条件英作文:小問数1

絵を見て、アナウンサーの質問に気象予報士が答える内容を20語程度で完成させる英作文です。絵からわかる状況を簡潔に表現する力が必要です。

7 短文の読解(約300語):小問数6

2つの短い文章と玩具の取扱説明書を読んで、それらの内容を解読する問題です。前後の文脈把握力が問われます。

8 説明文の読解(約330語):小問数4

人は生きている間、何にどの程度時間をかけているのか、というテーマの文章です。本文の内容とグラフを一致させる問題があり、正確な読解力が必要です。

9 対話文の読解(約170語):小問数4

友人同士の対話文を読み、空所に補うセリフを選択肢から選ぶ問題です。対話の流れをつかめば、確実に正解を導けます。

数学

千葉県公立高校(前期) 傾向分析 数学

1 計算小問

例年通りの基本計算6問でした。素早く正確に処理する必要があります。

2 小問集合

(1)回転体の名前、(2)資料の整理、(3)速さの文章題、(4)確率、(5)作図の出題でした。(4)は丁寧に数える必要がありました。(5)の作図は例年通り、難度の高い問題でした。接線の性質を利用することに気づけたかどうかがポイントです。正確な平面図形の知識が求められました。

3 二次関数

二次関数と直線に関する出題でした。(1)(2)は短時間で正解したい問題です。(3)は、座標に注目するシンプルな解法に気づけば正解できたでしょう。落ち着いて完答したい大問でした。

4

円の中にできる合同な図形を利用する問題でした。(1)の証明は、例年よりも書きやすい内容でした。(2)も、(1)で求めた正三角形を利用することでシンプルに求めることができます。千葉県の問題としては解きやすいと感じた受験生が多かったのではないでしょうか。

5 規則性の文章題

正六角形のタイルの周りに、正三角形のタイルを並べてできる図形を考察する問題でした。いずれの問題も、増やしていくタイルについての情報をまとめることで規則を探せたかどうかがポイントでした。この問題にどのくらい時間を残すことができたかどうかで差がついたと思われます。

国語

千葉県公立高校(前期) 傾向分析 国語

1 放送による聞き取りテスト

高校生がスピーチの練習をしている場面と、それに関連する問いが放送されました。問題用紙に「発表用メモ」が書かれているので、そこに聞き取った内容を書き込んでいくことがポイントです。

2 漢字の読み取り

標準レベルの出題でした。日頃からさまざまな文章に親しんでいれば、十分に対応することができます。

3 漢字の書き取り

大問2と同様、標準的な難度の出題でした。四字熟語が問われていることには注意が必要です。

4 国語に関する知識・表現

中学生の作文を読んで設問に答える形式です。文法、漢文の知識、語彙、四字熟語が問われました。漢文に返り点をつける問題は頻出です。

5 三好由紀彦の文章

言葉こそが人間と他の生物を隔てる重要な要素であることを説明する文章が出題されました。文章は短めですが、短時間で文章内容を把握し、的確に答えていく必要がありました。

6 額賀澪『タスキメシ』

駅伝競走大会に臨む高校生の様子を描いた小説が出題されました。前書きをしっかりと把握しておくことが、正しい文章の読解につながりました。心情描写を追って比喩表現を理解する必要がありました。

7 『雲萍雑志』

時計を求めようとする夫と、その妻のやりとりを描いた古文が出題されました。短い文章ですが、古文の基本文法が身についているかどうかが試されています。

8 作文

高校生が本を読むことの効果について、グラフから読み取ったことを説明するという内容でした。条件を守り、グラフを読み取れば書くべき内容は決まりますので、短時間で処理したい大問でした。

理科

千葉県公立高校(前期) 傾向分析 理科

1 小問集合(物理、化学、生物、地学)

各分野からの小問集合で、基礎的な知識が問われました。取りこぼしは避けたい大問です。

2 地質、地震(地学)

千葉県の地形を歴史的な資料から考察する問題と、地震の基礎問題でした。資料を適切に読み解くことができれば、難しい問題ではありません。

3 化学変化(化学)

酸化銅の還元についての典型問題でした。(3)のグラフの作成を含め、すべて正解したい大問です。

4 力(物理)

圧力と力の分解がテーマでした。(4)は設問をしっかりと理解しなければミスが起こるため、差がついたと考えられます。

5 植物(生物)

植物のつくりと蒸散に関する典型問題でした。(4)では、実験の条件を正しく分析する力が問われました。

6 イオン(化学)

イオンの移動と中和についての問題でした。「すべて選ぶ」形式の小問がありましたが、内容は基礎的なものでした。全問正解したい大問です。

7 天体(地学)

天文シミュレーションソフトを利用した天体の動きについての問題でした。受験生の理解に差が出やすい内容が中心で、大きな得点差が生じたと考えられます。

8 進化(生物)

動物の骨格と進化についての問題でした。基礎的な知識を確認する内容で、ミスは避けたい大問です。

9 電流(物理)

電流と発熱量に関する典型問題でした。(4)は分析力を要しますが、頻出の問題です。

社会

千葉県公立高校(前期) 傾向分析 社会

1 総合問題

千葉県に関する文章をもとにした総合問題でした。基礎的な内容が問われていましたが、インターネット利用状況に関する読み取り問題は、資料と選択肢を慎重に吟味する必要がありました。

2 日本地理

東北・中部地方に関する問題でした。都道府県庁所在地に関する問題と地形図の読み取りは今年も出題されています。

3 世界地理

正距方位図法をテーマに世界地理の知識が問われました。針葉樹林の分布に関する問題は、寒冷地であることだけでなく、冷帯と寒帯の違いに気づく必要がありました。

4 前近代史

江戸時代までの日中交流史をまとめたカードをもとに政治経済・文化史が問われました。貿易に関する問題は紛らわしい選択肢に迷った受験生もいたようです。

5 近・現代史

千葉県出身の石井菊次郎に関する年表をもとに明治以降の近・現代史が問われました。定番の年代を並び替える問題は北方領土問題につながる日露国境画定の歴史に関するものでした。

6 経済

企業のしくみや社会保障を題材とした経済の総合問題でした。株主に関する記述は他の大問と比べて、正確に文章をつなげるのが難しく感じた受験生も多かったと思われます。

7 政治

基本的人権や情報社会がテーマの出題でした。基本的人権の正確な分類は頻出事項です。また近年、使用されるようになった新しい用語に関する理解も問われました。

8 国際社会

国際連合の活動を中心とした出題でした。国連のしくみや関連機関、その活動について幅広く問われました。

ページトップへ