[11/20] 「慶應義塾高受験セミナー」を実施しました。

イメージ

11月20日()、代々木ゼミナール 国際教育センターで、「慶應義塾高受験セミナー」を実施しました。

同セミナーは、当日に実施された「慶應義塾高入試プレ」の受験者を対象に行われました。同入試プレは中3受験生のための模試であり、受験者の多くが参加し、大盛況となりました。

前半は、SAPIXの講師による講演で、一般受験の話題を中心に、一次試験での休憩時間の活用法や面接試験の対策、補欠合格の仕組みなどについて詳しくお話ししました。慶應義塾高の来春の受験日程は大きく変わり、一次試験が2月10日に行われます。併願校が例年と変わるため、不安を感じている受験生も多くいたようで、受験日程に触れた場面では緊張した面持ちで講師の話に聞き入っていました。

後半はこの日のメインプログラムであるSAPIX OBへの「卒業生インタビュー」でした。お迎えしたのは、慶應義塾高、慶應志木高にそれぞれ在籍する高校生と、慶應義塾大学に通う先輩たち。在校生でないと分からない各校の意外な一面、受験期の体験談やアドバイスなど、あこがれの先輩たちのお話を聞く参加者の表情は真剣そのものでした。

参加者の声

  • これからの勉強の仕方が分かってよかったです。
  • 慶應義塾高に通っている先輩のお話が聞けたので、とても参考になりました。
  • これからが大事だと実感できました。
  • 受験での休憩時間の使い方や試験前日の過ごし方などが聞けてよかったです。
  • 諦めてはいけないという強い意志を持てました。
ページトップへ