[2016 高校受験 保護者体験記]「皆様の合格を願って」友野 千枝里さん(早稲田実業学校高等部進学・母より)

早稲田を志望していた子供は早稲田実業・早大学院・早大本庄学院と3校から合格をいただき、早稲田実業に進学することになりました。他に進学校なども受け、受験した5校すべてに合格することができました。SAPIXに入っていなかったらこのような成果につながっていたか、疑問です。子供は先生方を深く尊敬し、素晴らしい仲間にも出会えて共に3年間継続して努力することができ、結果を出して自信につなげ、今未来に向けて前進して行こうとしています。本当にお世話になりました。今回、おこがましいとは存じますが私共の体験、感想がどなたかのお役に立てば幸いと思い筆を執らせていただきました。

先輩インタビュー会(SAPIXフォーラム)には参加しましょう
先輩方が話してくれることは合格したというきれい事だけではありません。両親とのケンカ、父親との志望校選択の意見の衝突、母親との感情的なやり取りの際の対処、推薦不合格で落ち込み、その後乗り越えたこと等、紆余曲折をさらけ出してくれます。親として心がけておくことなどを直に学べますのでぜひご参加ください。
SAPIXより配布される冊子「スクエア」は保管しておきましょう。後々役立ちます
1、2年生の間はあまり目を通すことがないかもしれませんが、3年生になり志望校が固まってくると上辺だけでない様々な情報が必要になってきます。誰が書き込んだか分からないネット上の情報などあてにできません。その時になってスクエアを開くとサピで開催された説明会の詳細、合格者インタビュー、先輩方によるいきいきとした学校紹介が貴重な情報となります。入学後の不安要素、例えば友人関係や部活、通学時間や先生について、校則の厳しさなどがそれぞれの視点で正直に書かれており、大変参考になります。
基本のき、漢字は必ず合格させてあげましょう
1、2年生の間は国語の時間に漢字の小テストがよく出されるでしょう。これは必ず合格させてあげてください。1回目はできないでしょう。できない箇所を1度書かせ、その後テストしてあげる。時間をおいて何度かテストしてあげることで身についていきます。勉強は子供が嫌がらなければ適度に協力してよいと思います。他の科目でも、わからなくてもいい、できなくてあたりまえ、と悩める子供に共感してやる。そのうえで一つでもわかるようになること、できるようになることが大事と励まし続けてきました。
英語のテキストは仕分けて管理
数学もそうですが解説付きのテキストと問題のみのテキストがあります。解説付きのものは時間をおいて何度も必要になってきます。うちではマーカーで印をつけ別枠に置いていました。このテキストで繰り返し学習することによって力がついていきます。
勉強も大事ですが、身体が一番大事
無理のないようにしてあげてください。きつそうなら塾を休ませてあげてください。何よりあなたの体が大事なんだよ、という言葉を愛情こめて言ってあげてください。

SAPIXの皆様、本当にありがとうございました。

2016 高校受験 保護者体験記 一覧

ページトップへ