[2016 高校受験 合格体験記] 鎗田 大地くん(筑波大学附属駒場高校 進学)

鎗田 大地くん
― 詳細情報 ―
筑波大学附属駒場高校 進学
併願合格高校:開成高校、慶應義塾志木高校、栄東高校、立教新座高校

僕は、結果的にすべての受験校に合格できました。しかし、その道のりは決して楽なものではなく、乗り越えるのはとても大変でした。

僕は中1の最初の頃にSAPIXに入室しました。そのときから国語が苦手で、偏差値は50に届くか届かないかくらいでした。ですが、とにかくサッカー部の練習が忙し過ぎて、あまり危機感はありませんでした。それでも、宿題は提出していました。

さらに、僕は中2でだらけてしまいました。英語の偏差値が60に届かなくなり、学校の定期テストでも5科目で10~20点は下がりました。部活の練習量は中1と変わらないのに、宿題の量や授業の回数が増え、うまく両立できずに宿題をサボってしまったのが、成績の下がった原因でした。

そして、中3になっても、英語の宿題をあまり提出できていませんでした。サピックスオープンでは偏差値60を超えていましたが、後々つらい目にあいました。部活を引退し、夏休みを迎えましたが、電話帳※の国語の宿題がまったく終わらず、かなり厳しい状況でした。しかし、10月に入り、それまで日比谷高だった第一志望校を筑駒高に変え、それから少しずつきちんと勉強するようになりました。そして、最後のサピックスオープンで5科目の偏差値で69、筑駒高入試プレでは合格可能性70%を取ることができました。しかし、開成高入試プレではそうはいきませんでした。国語は偏差値37、英語は39でした。それでもそこから猛勉強をし、とにかく自信をつけました。解く時間を意識したり、作戦を立てたり、SAPIXの先生方に丁寧に添削をしていただいたりして、前日まで過去問を解き続けました。結局、開成高は補欠合格でしたが、筑駒高に正規合格できたので、本当によかったです!!

結びになりましたが、今まで丁寧に指導してくださった先生方に心から感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

※電話帳…問題集『全国高校入試問題正解』

2016 高校受験 合格体験記 一覧

ページトップへ