[3/21] 「高校入試分析会2016 志望校別データ分析(早慶高・男子)」を実施しました。

講演風景

3月21日(月・振)、代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワーにて、「高校入試分析会2016 志望校別データ分析(早慶高・男子)」を実施しました。

早慶附属の男子5校(慶應義塾・慶應志木・早大学院・早大本庄学院・早実高)に関する基本情報に続き、一般入試と推薦入試での今春の入試結果を紹介。応募者数や受験者数の増減をたどりながら、倍率の推移を見ていきました。

併願校を考える場合、まず早慶附属校の受験者の多くは2/1入試、翌2/2発表の立教新座高を皮切りとして併願受験します。そこで早期の合格を確保したうえで、早慶附属校の一般入試に臨むわけですが、ただし、その場合、2/11については慶應志木高の2次試験と早大学院の試験が重複しているので注意が必要です。あまり明かされることのない早慶附属校の補欠の繰り上げ状況についても説明があり、当初は正規合格に達していなくてもどういう方法での繰り上げ連絡をどういう状況で待てばいいのかの方策も、聞き逃せないポイントでした。

早慶合格者についてサピックスオープンでの偏差値平均を示しながら、模試を実力分析のデータとして活用する方法も明かされました。

参加者の声

  • 科目分析が細かくて役に立ちました。(中1・保護者)
  • 早慶受験の概要や合格者の実例をあげた説明が分かりやすかったです。(中3・保護者)
  • 具体例の数値データが多様で、いろいろな見方ができました。(中3・保護者)
  • データの分析が非常に細かく、それに関する解説も詳しくてよかったです。(中1)
  • 全般の内容から早慶に向けての傾向と対策が明確になりました。(中1・保護者)
ページトップへ