[3/21] 「高校入試分析会2016 志望校別データ分析(学芸大附高・内部)」を実施しました。

講演風景

3月21日(月・振)、代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワーにて、「高校入試分析会2016 志望校別データ分析(学芸大附高・内部)」を実施しました。

折しも、この日のセミナーに先立つこと、わずか数日前に、学芸大附高から来春の附属中学の内部試験については、1月の実施が決定した、という発表がなされたばかりでした。そのため、受験生や保護者の皆さんの間には、内部進学に対する大きな不安が頭をもたげ始めていたところでもありました。そのタイミングをとらえるように、さらに広がりかねない不安の中身を冷静に正しく把握するタイムリーな開催となったこのセミナーには、大変に多くの学芸内部試験を考えておいでの皆様がお集まりになりました。

スライドに沿って進められる話は、内部試験の難度の変動、受験者層の変化、日程上の影響など、来年度入試に直結する内容ばかりで、しかも、この突然の入試変更に対する心がけるべきアドバイスも実に具体的であったため、不安が解消し、大きな安心を得られたという感想が多く聞かれました。

参加者の声

  • 学芸内部入試の最新情報や合格者の内申点の話が聞けてよかったです。(中2・保護者)
  • 制度変更の概況と、その理由・影響、対応がとても参考になりました。(中1・保護者)
  • コンパクトで分かりやすく情報の出し方もうまく、興味深い内容でした。(中1・保護者)
  • 学芸附属の3中学の比較資料もあり、今後の勉強の役に立ちました。(中2・保護者)
  • 噂でしか受験内容の変更を知らず、今後の事も含め貴重な話が聞けました。(中1)
  • これからどうなるかをシミュレーションする説明がとても分かりやすかったです。(中1)
ページトップへ